スタークネット(STRK)、初のガバナンス投票を実施へ

スタークネットが初のガバナンス投票へ

イーサリアム(Ethereum)のレイヤー2ブロックチェーン「スタークネット(StarkNet)」初のガバナンス投票実施の準備が、同プロトコルのDAO(分散型自律組織)によって行われていることが、コミュニティへの投稿によって3月14日に発表された。

提案されたガバナンス投票の内容は「Starknet Alpha v0.11.0」というアップグレードに関するものだ。投票は、分散型ガバナンスプラットフォームの「スナップショット(snapshot)」で実施される予定である。

なお現在「スナップショット」では、テストガバナンス投票が実施されている。投票権のあるユーザーは3月20日までテスト投票に参加できるとのこと。

また実際に行われるガバナンス投票は21日から6日間実施される予定だ。提案が可決された場合、スタークネットのメインネットがv0.11.0にアップグレードされる。

なお投票権はSTRKトークンの保有者や、トークン保有者やスタークネット財団(StarkNet Foundation)に選ばれた代表者、スタークネット財団に任命された委員に与えられている。ただし、現在STRKトークンは一般販売されていない状況だ。

なお現在STRKトークンを保有しているのは、初期段階でネットワークを構築してサポートした初期のコアユーザーおよび投資家のみとなっている。

スタークネット財団は昨年11月に発足したばかりの非営利団体だ。同団体では「スタークネット」のコミュニティ育成や教育、分散化に向けたネットワークの継続的な開発と拡大に着手していくとしている。

また「スタークネット」開発元のスタークウェアは昨年11月、スタークネットでのコントラクト開発に利用するために、新たに自社で開発しているプログラミング言語「Cairo」をオープンソース化しており、2023年第1四半期には完全にサポートを開始することを発表している。

関連ニュース

参考:スタークネットスナップショットStarknet Alpha 0.11.0
デザイン:一本寿和
images:iStocks/bizoo_n・dalebor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている