イーサL2「スタークネット」のOSノードクライアント「Papyrus」がリリース

スタークウェアが「パピルス」リリース

イーサリアム(Ethereum)のレイヤー2ブロックチェーン「スタークネット(StarkNet)」用のオープンソース(OS)フルノードクライアント「パピルス(Papyrus)」が1月11日発表された。

「スタークネット」開発元のスタークウェア(StarkWare)によると、現在「パピルス」は完全版ではなく、今後数か月以内に完全なリリースを行うとしている。「JSON-RPC」と呼ばれるプロトコルについての実装が一部しか完了しておらず、現在オープンソース化された環境で開発が進められているとのことだ。

なお「パピルス」はRust言語で構築されたフルノードだ。「スタークネット」において「パピルス」は、エクリブリウム(Equilibrium)社開発の「パスファインダー(Pathfinder)」に続き2番目のRust言語で記述されたフルノードとなった。

ちなみにブロックチェーンにおいて利用されるノードクライアントの種類が増えることで、特定の脆弱性や不具合からブロックチェーン全体が停止するような大きな障害を受けることを防止できるという。そのため利用されるノードクライアントを複数のものに分散させることが重要視されている。

また「パピルス」では、「スタークネット」に搭載されたトランザクションの順序付けをするブロック生成機能「シーケンサー」の強化も予定されている。

スタークウェアは昨年11月、「スタークネット」でのコントラクト開発に利用するために、新たに自社で開発しているプログラミング言語「Cairo」をオープンソース化しており、2023年第1四半期には完全にサポートを開始することを発表している

関連ニュース

スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに

イーサリアムL2開発「StarkWare」、「スタークネット財団」正式発足

コンセンシスとスタークウェア提携、メタマスク等に「ZK-Rollups」提供へ

イーサリアムL2スケーリングソリューションを開発するスタークウェア(StarkWare)が7,500万ドル調達

コンセンシス、イーサリアムL2「zkEVM」テストネットを一般公開へ

参考:スタークウェア
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ket4up

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【4/18題】TikTokのByteDance子会社がSui採用、ワールドコインが「World Chain」今夏ローンチへ

TikTokのByteDance子会社、ゲーム等のサポート事業に「Sui」採用、ワールドコイン(WLD)、独自のイーサリアムL2「World Chain」今夏ローンチへ、日銀、「中銀デジタル通貨」の連絡会議の中間整理を報告、EY、企業向け契約管理ソリューション「EY OCM」ローンチ。イーサリアム上で、ニュージーランド中銀、デジタル通貨の開発協議スタート

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない