ポリゴン(MATIC)でハードフォーク提案、承認なら1月17日実施

ポリゴンでハードフォーク提案

ポリゴン(Polygon)ネットワークの開発者チーム「ポリゴンラボ(Polygon Labs)」の開発者が、ポリゴンPoS(Polygon PoS)ブロックチェーンのハードフォークに関する提案を行っている。

この提案がコミュニティで承認された場合、ハードフォークは1月17日に行われる予定である。

提案されているハードフォークを伴うアップグレードは、現在のコンセンサスメカニズムによって発生しやすくなっているブロックチェーン再編成(リオーグ)の可能性を低減させること。そしてトランザクションを作成する際の基本料金の変化による取引手数料(ガス代)の急な上昇(ガススパイク)を低減することが目標になっている。

なおリオーグは、チェーンの作業中に他のチェーンがより長くなった際に発生し、どのチェーンが正当であるかわからなくなることで調整が必要になったり、ブロックを上書きされてしまったりすることで、取引完了の検証が困難になる場合がある。

今回の提案でリオーグに対応するために導入される変更は、バリデーターが連続でブロックを生成できる数を少なくするというものだ。これによりひとつのバリデーターが連続でブロック生成が可能な時間を128秒から32秒に変更できるという。そのためブロックの生成に複数のバリデーターが介入する可能性が低くなり、リオーグが起こる回数を減らすことができるという。

また「ポリゴンPoS」では、トランザクションを作成する際の基本料金が、ブロック生成の需要によって変化する。この変化の度合いを決めるパラメーターを変更することで、基本料金の変化をなだらかにし、高騰しにくくすることでガススパイクを低減するという。

なおポリゴンは最近、新しいレイヤー2ブロックチェーン「Polygon zkEVM」の開発を進めており、12月22日には最終テストネットをローンチしている。

関連ニュース

暗号資産カストディXalts、シティやポリゴン創業者らから約8.7億円調達

ポリゴン(MATIC)が海洋保護団体「OCEEF」と提携

Coincheck NFT(β版)、ポリゴンのNFTに対応へ

耳から学ぶ「ポリゴン」ブロックチェーンとビジネス戦略(Polygon ビール依子)

ポリゴン、シンガポールVC「Blockchain Founders Fund」のファンドIIへ出資

デザイン:一本寿和
images:iStocks/francescoch・Who_I_am

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ