コンセンシスとスタークウェア提携、メタマスク等に「ZK-Rollups」提供へ

メタマスク等に「ZK-Rollups」提供へ

コンセンシス(ConsenSys)が、イーサリアムのスケーリングソリューションを開発・提供するスタークウェア(StarkWare)との提携を6月29日に発表した。

そしてコンセンサスが提供する暗号資産(仮想通貨)ウォレットのメタマスクや、開発者向けブロックチェーンインフラツールの「インフラ(Infura)」に、スタークウェアのZK-rollupを活用するスケーリングソリューション「スタークネット(StarkNet)」を統合していく方針を示した。

スタークネットは、イーサリアム上でレイヤー2ネットワークとして動作し、イーサリアムのコンポーザビリティとセキュリティを損なうことなく、分散型アプリ(Dapps)が必要とするコンピューティング計算量のスケーラビリティを実現することができるソリューションとのこと。発表によれば、メタマスクとインフラの一部では既にスタークネットが統合されているという。

メタマスクは、開発者がネットワーク上で構築するためのメタマスク・スナップス(Metamask Snaps)でスタークネットを統合しており、インフラは開発者がスタークネット上でインフラネットワークを利用できるプライベートベータで導入されている。

なおメタマスク・スナップスは、メタマスクの機能を拡張し、スタークネットのようなEVM互換ではないネットワークへの接続など、分散型アプリの新しい機能を実現するための手段を開発者に提供するものだ。

StarkWareの共同創設者兼社長イーライ・ベン=サッソン(Eli Ben-Sasson)氏は、次のようにコメントしている。

『「インフラ」は世界をリードするブロックチェーン開発ツールの1つです。私は「スタークネット」が状態遷移や照会および分析するためのツールセットを「インフラ」へ提供することが戦略的に重要であると考えています。これはスタークネットにとって非常に重要な前進なのです』

なおスタークウェアは、今年5月にシリーズDラウンドで約127億円(1億ドル)の資金調達を完了しており、企業評価額は約1兆円となっている。


参考:コンセンシス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Jian-Fan・Lidiia-Moor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も