マイクロストラテジー、約13億円相当ビットコイン追加購入

米マイクロストラテジーがBTCを追加購入

企業としてビットコインの購入を積極的に進めている米ナスダック上場企業のマイクロストラテジー(MicroStrategy)が、約13億円(1,000万ドル)相当のビットコイン(BTC)を追加購入したことが6月29日分かった。

発表によると今回購入したビットコインは480BTCで、1BTCあたりの平均取得価格は約280万円(20,817ドル)とのこと。

今回の追加購入により、マイクロストラテジーが保有するビットコインは合計で129,699BTCとなった。またこれらの合計購入価格は約5,400億円(39.8億ドル)で、平均取得額については手数料・経費を含め、約420万円(30,664ドル)になるとのことだ。

なお同社がビットコインの追加購入を最後に報告したのは今年の4月で、2月15日から4月4日までの間に4,167BTCを約236億円(1億9,050万ドル)で購入していた。

マイクロストラテジーは米国上場企業としてはいち早くビットコインの購入を進めた企業だ。2020年8月よりビットコインの購入をしており、また購入資金回収の為に社債の発行も行っている。

マイクロストラテジーのビットコイン戦略について、同社のCEOマイケル・セイラ―(Michael Saylor)氏はツイッターで「ビットコイン戦略を採用した際に、ボラティリティを予測し、逆境を乗り越えて継続的に保有ができるようバランスシートを構築した」とツイートしている。

関連ニュース

マイクロストラテジー、約236億円相当のビットコイン追加購入

マイクロストラテジーがビットコイン担保に約250億円調達、シルバーゲート銀行ローン利用で

米マイクロストラテジーCEOセイラー氏「10年間でビットコインは上昇しているだけ」

米マイクロストラテジー(MicroStrategy)が約6億5000万ドルでビットコインの追加購入完了

シティバンク(Citibank)アナリストが一連のビットコイン投資をうけマイクロストラテジー(MicroStrategy)の株式評価引き下げ


参考:マイクロストラテジー
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Vit_Mar・LongQuattro

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した