マイクロストラテジー、約13億円相当ビットコイン追加購入

米マイクロストラテジーがBTCを追加購入

企業としてビットコインの購入を積極的に進めている米ナスダック上場企業のマイクロストラテジー(MicroStrategy)が、約13億円(1,000万ドル)相当のビットコイン(BTC)を追加購入したことが6月29日分かった。

発表によると今回購入したビットコインは480BTCで、1BTCあたりの平均取得価格は約280万円(20,817ドル)とのこと。

今回の追加購入により、マイクロストラテジーが保有するビットコインは合計で129,699BTCとなった。またこれらの合計購入価格は約5,400億円(39.8億ドル)で、平均取得額については手数料・経費を含め、約420万円(30,664ドル)になるとのことだ。

なお同社がビットコインの追加購入を最後に報告したのは今年の4月で、2月15日から4月4日までの間に4,167BTCを約236億円(1億9,050万ドル)で購入していた。

マイクロストラテジーは米国上場企業としてはいち早くビットコインの購入を進めた企業だ。2020年8月よりビットコインの購入をしており、また購入資金回収の為に社債の発行も行っている。

マイクロストラテジーのビットコイン戦略について、同社のCEOマイケル・セイラ―(Michael Saylor)氏はツイッターで「ビットコイン戦略を採用した際に、ボラティリティを予測し、逆境を乗り越えて継続的に保有ができるようバランスシートを構築した」とツイートしている。

関連ニュース

マイクロストラテジー、約236億円相当のビットコイン追加購入

マイクロストラテジーがビットコイン担保に約250億円調達、シルバーゲート銀行ローン利用で

米マイクロストラテジーCEOセイラー氏「10年間でビットコインは上昇しているだけ」

米マイクロストラテジー(MicroStrategy)が約6億5000万ドルでビットコインの追加購入完了

シティバンク(Citibank)アナリストが一連のビットコイン投資をうけマイクロストラテジー(MicroStrategy)の株式評価引き下げ


参考:マイクロストラテジー
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Vit_Mar・LongQuattro

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した