米マイクロストラテジー(MicroStrategy)が約6億5000万ドルでビットコインの追加購入完了

米マイクロストラテジー(MicroStrategy)が約6億5000万ドルでビットコインの追加購入完了

米ナスダック上場企業マイクロストラテジー(MicroStrategy)が約29,646BTCを約6億5000万ドル(約671億円)で追加購入したことを12月21日に発表した。

マイクロストラテジーは、転換社債発行によって得られた資金を全額ビットコイン購入に充てることを今月8日に発表しており、その後今月11日に転換社債の発行を通じて6億5000万ドルの調達を完了したことを発表している。当初マイクロストラテジーは転換社債の発行により4億ドル(約410億円)の調達を予定していたが、実際の調達額は6億5,000万ドルとなっているため、最終的な調達額は予定よりも2億5000万ドル(約260億円)ほど増加している。

今回のマイクロストラテジーのビットコイン追加購入は、この転換社債発行によって得られた6億5,000万ドルの資金を元に行われたことになる。

なおマイクロストラテジーのプレスリリースによると、今回の追加購入では1BTCあたり約21,925ドル(約226万円)で約29,646BTCを購入したとのこと。

マイクロストラテジーは今年8月から9月にかけて4億2,500万ドル(約440億円)をビットコインに投資し、今月5日にさらに5,000万ドル(約52億円)を追加的に投資している。同社がこれまでに購入したビットコインと今回の追加購入分を合わせると、同社が保有するビットコインの総量は約70,470BTCとなり、1BTCあたりの平均取得額は約1万5,964ドル(約165万円)となるとのこと。

マイクロストラテジーのCFOであるフォン・レ(Phong Le)氏はプレスリリースにて「当社は、現金を保有するよりもビットコインの方がより良いリターンの機会を提供し、長期的に資本の価値を維持できると引き続き考えています」と述べている。

(images:iStock/Vit_Mar・Who_I_am)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している