UAE規制当局、ドバイの経済特区で暗号資産取引を推進

ドバイ世界貿易センターの経済特区で暗号資産推進

アラブ首長国連邦(UAE)の金融規制当局である証券・商品委員会(SCA)が、ドバイの経済特区での暗号資産(仮想通貨)に関する金融活動について支援を進めることが9月22日分かった。

対象となる経済特区はドバイ世界貿易センター局(DWTCA)のフリーゾーン(FZ)。今回の支援を進めるにあたり、SCAはDWTCAと協定を締結している。

これにより特区内にて暗号資産に関連する金融活動を行う企業に対し、DWTCAが承認を下すことや必要なライセンスを発行できるようになるという。

SCAはDWTCAと協力し、暗号資産の発行、提供、上場、取引などの規制監督を行う。またDWTCAの管轄下にある暗号資産関連の金融活動のライセンスを担当するとのことだ

UAEでは、今年5月に法人税非課税の自由貿易エリアであるドバイ・マルチ・コモディティーズ・センター(DMCC)が、スイスのクリプト・バレーの立役者であるCV Labsと協力し「DMCC Crypto Centre」を立ち上げている。

「DMCC Crypto Centre」は暗号資産やブロックチェーンに特化したエコシステムのハブとなることをビジョンとして掲げており、レストランや医療機関なども含む多数の外国資本のビジネスが入居しているエリアで、法人税が非課税となっている。

中国のように強く排除の方向に向かう国もあれば、UEAのように積極的に受け入れていく国、そしてエルサルバドルのように法定通貨にまで採用する国など、暗号資産に対してどういうスタンスを取るかについて、各国の対応が分かれている。

関連ニュース

UAEが暗号資産/ブロックチェーンを強化、ドバイの法人税非課税エリアに「DMCC Crypto Centre」設立

ブラジルとドバイで初のビットコインETFが取引開始

参考:SCA
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Kesu01・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【10/27の話題】アドビPhotoshopでNFTの真正性示す情報付与が可能に、テスラがBTC決済の再開の意向など(音声ニュース)

アドビ「Photoshop」でNFTの真正性示す情報付与が可能に、OpenSeaらNFTマーケットプレイスと提携、テスラ、ビットコイン決済の再開の意向を示す、【取材】電通国際情報サービスとKyuzan、NFTマーケットプレイス構築やメタバース活用に向け共同研究開始、【取材】暗号屋、NFT所有者だけがコンテンツを楽しめるメディアプロトコル「VWBL / ビュアブル」発表、米コインリストが約114億円調達、アジア利用者数も1年間で62倍に増加、セリエA「ナポリ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、グラファイトのサプライチェーンをブロックチェーンで、サーキュラーとアービックス

【10/26の話題】マスターカードとバックトがCaaS提供へ、ビットポイントがジャスミーとポルカドット上場など(音声ニュース)

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ、約4兆円運用の韓国公的基金、来年からビットコインETFへ投資を計画か、【取材】ビットポイント、ジャスミー(JMY)を国内初上場、ポルカドット(DOT)も、1921点の重要文化財をNFT化へ、奈良県博物館「唐古・鍵 考古学ミュージアム」、福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ、博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始、バイナンスNFT、競馬ゲーム「DeRace」のイニシャルゲームオファリング(IGO)実施へ、ナイジェリア、中銀デジタル通貨「eナイラ」ローンチ、中国大手eコマース「JD. COM」、記念NFTを初リリース