UAEが暗号資産/ブロックチェーンを強化、ドバイの法人税非課税エリアに「DMCC Crypto Centre」設立

UAEが暗号資産/ブロックチェーンを強化、ドバイの法人税非課税エリアに「DMCC Crypto Centre」設立

UAEの法人税非課税の自由貿易エリアであるドバイ・マルチ・コモディティーズ・センター(DMCC)が、スイスのクリプト・バレーの立役者であるCV Labsと協力し「DMCC Crypto Centre」を立ち上げた。

「DMCC Crypto Centre」は暗号資産やブロックチェーンに特化したエコシステムのハブとなることをビジョンとして掲げている。DMCCはレストランや医療機関なども含む多数の外国資本のビジネスが入居しているエリアで、法人税が非課税となっている。

「DMCC Crypto Centre」のサイトにて「UAEはブロックチェーン技術をビジネスの強力な力として取り入れています。最近発表されたBlockchain Strategy 2021では、政府の全取引の最大50%をブロックチェーンプラットフォーム上で行うことを目標としています。これは世界で最も先進的な経済国の一つとしてのUAEの地位を確立し、将来のテクノロジーに適応して共に成長する準備ができていることを示すものです。

またドバイは、政府の強力なバックアップと、繁栄しているビジネスセクターの大きな関心により、革新的なブロックチェーンアプリケーションの世界的なホットスポット、リーダーとして浮上する準備ができています。ブロックチェーンは、決済取引やサプライチェーン管理から、出所証明やトークン化された商品に至るまで、様々な業界のビジネスプロセスを変革し、最適化するのに役立ちます」と説明されている。

DMCCの会長兼CEOであるアーメッド・ビン・スレイエム(Ahmed Bin Sulayem)氏は「暗号資産やブロックチェーン技術は、世界の貿易やサプライチェーンを変革する大きな可能性を秘めています。これは貿易の未来を推進するというDMCCのビジョンと完全に一致しており、DMCC Crypto Centreを立ち上げた主な理由の1つでもあります」とコメントしている。

CV Labsの創業者であるラルフ・グラビシュニグ(Ralf Glabischnig)氏は「私たちは、初期段階のスタートアップのためのインキュベーションや投資機会、企業顧客のためのイノベーションサービス、ブロックチェーンや起業のための教育イベント、さらには、Crypto/DLTスタートアップがUAEに定着し、この強力なエコシステムの中で成長することを支援するためのアドバイザリーサービスなど、さまざまなサービスを提供します」とコメントしている。

参考:DMCC
デザイン:一本寿和

images:iStock/LuckyStep48・Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【8/18話題】Phantomの新機能Burn NFT、Fractionalが約27億円調達とTesseraに名称変更など(音声ニュース)

ソラナのウォレットPhantomが新機能「Burn NFT」、スパムNFTバーンでSOL取得も、NFT分散所有の「Fractional」、約27億円調達と「Tessera」に名称変更、世界銀行グループ、炭素クレジットファンド設立へ、取引プラットフォーム構築も、FRB理事、デジタルドルに消極姿勢、クリプトドットコム、英国で暗号資産事業者の認可取得、コイントレード、ポルカドット(DOT)上場、FTXグローバル、ソラナDEXの「Orca(ORCA)」上場へ、eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ、欧州中央銀行、銀行への暗号資産規制を緩和か、オーストラリアで個人投資家向けビットコイン現物ETF提供へ、福岡市主催「学校では教えてくれないWeb3の可能性」8/27開催、オンライン配信も(渡辺創太/紫竹佑騎/設楽悠介)

Sponsored

eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ

株式や暗号資産などの投資プラットフォームを提供するイートロ(eToro)が、米国の株式などのオプション取引プラットフォームであるギャツビー(Gatsby)を買収するための契約を締結したことを8月17日に発表した。ギャツビーは2018年に設立され、米国の若年層向けに手数料無料で株式のオプション取引ができるアプリを提供してきた。