Bybit、中国国内ユーザーへアカウント停止措置を通知

Bybit、中国国内ユーザーへアカウント停止措置を通知

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所であるBybit(バイビット)が、中国人ユーザーに対しアカウントの停止措置をとることを中国のジャーナリストアカウントWu Blockchainによって5月25日明らかになった。

Wu Blockchainによるとアカウント停止措置の対象となるのは、中国国内の携帯電話番号を利用してバイビットに登録しているユーザーで、北京時間の6月15日の16:00より、それらのユーザーのアカウントは閉鎖されるとのことだ。

これらバイビットによる対応は、中国の最高権力機関である中国国務院が5月21日にビットコインのマイニングや取引を取り締まる意向を表明し、それを受けたものである。

バイビットは2020年にも中国国内のIPに対し利用制限措置を行っていたが、VPNなどを通じてアクセスが継続していた。なおWu Blockchainは今回の対応を「最も厳しい措置」であるとしている。なおアカウント停止後にもユーザー資産は無くなることはないとしており、バイビットへ連絡のうえ検証と引き出しには1~2週間かかるとリリースに記載されている。

関連ニュース

中国国務院、ビットコインのマイニングや取引の取締り表明 

中国三大金融業協会、金融及び決済機関に対して暗号資産関連サービスを禁止 

デザイン:一本寿和
images:iStock/Smederevac

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ7億円相当のビットコイン投資

暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)を運営するウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が、英国サッカークラブ「リアルベッドフォードフットボールクラブ(RBFC)」へ約7億円相当のビットコイン(BTC)投資を行った。同クラブ所有者でビットコインポッドキャスターのピーター・マコーマック(Peter McCormack)氏が4月13日発表した

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ