Bybit、中国国内ユーザーへアカウント停止措置を通知

Bybit、中国国内ユーザーへアカウント停止措置を通知

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所であるBybit(バイビット)が、中国人ユーザーに対しアカウントの停止措置をとることを中国のジャーナリストアカウントWu Blockchainによって5月25日明らかになった。

Wu Blockchainによるとアカウント停止措置の対象となるのは、中国国内の携帯電話番号を利用してバイビットに登録しているユーザーで、北京時間の6月15日の16:00より、それらのユーザーのアカウントは閉鎖されるとのことだ。

これらバイビットによる対応は、中国の最高権力機関である中国国務院が5月21日にビットコインのマイニングや取引を取り締まる意向を表明し、それを受けたものである。

バイビットは2020年にも中国国内のIPに対し利用制限措置を行っていたが、VPNなどを通じてアクセスが継続していた。なおWu Blockchainは今回の対応を「最も厳しい措置」であるとしている。なおアカウント停止後にもユーザー資産は無くなることはないとしており、バイビットへ連絡のうえ検証と引き出しには1~2週間かかるとリリースに記載されている。

関連ニュース

中国国務院、ビットコインのマイニングや取引の取締り表明 

中国三大金融業協会、金融及び決済機関に対して暗号資産関連サービスを禁止 

デザイン:一本寿和
images:iStock/Smederevac

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携

米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で

マスターカード(Mastercard)が、NFTを制作することが9月16日にわかった。このNFTはマスターカードのグローバルアンバサダーで、著名サッカー監督のジョゼ・モウリーニョ(José Mourinho)氏との共同制作とのこと。ジョゼ・モウリーニョ氏は現在はイタリアセリエAのASローマの監督を務めている。