インドネシア中銀がデジタル・ルピアの導入を計画

インドネシア中銀がデジタル・ルピアの導入を計画

インドネシアの中央銀行であるインドネシア銀行が中央銀行デジタル通貨(CBDC)である「デジタル・ルピア)」の導入を計画しており、どのプラットフォームを使用するかを評価している段階であるとロイター通信が5月25日に報じた。これはインドネシア銀行総裁のペリー・ワルジヨ(Perry Warjiyo)がロイター通信へ語ったことで明らかになった。なお発行時期に関して詳細を語らなかった。

現在インドネシア政府は、コロナウイルスの流行によりオンライン取引が急増したことを受けて、デジタル決済の推進を主要な政策課題の一つとして掲げているようだ。

インドネシア銀行のデータによると、4月のデジタル・バンキング・プラットフォームにおける取引回数は年間ベースで60.3%増の5億7,000万回以上、取引額は46%増の3,114.1兆ルピア(2,174億ドル)に達したとのことだ。

インドネシア銀行総裁のペリー・ワルジヨ氏は「法定通貨のルピアは唯一の合法的な支払い通貨であり、インドネシア銀行は銀行券やカードを使った取引を規制するのと同様に、デジタル・ルピアを規制する予定です」と説明した。

参考:ロイター通信
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

 

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/2話題】イーサのパブリックテストネットZhejiang公開、分散型データストレージシステムBNB Greenfieldなど(音声ニュース)

イーサリアム、ステーク出金機能対応のパブリックテストネット「Zhejiang」公開、BNBチェーン、分散型データストレージシステム「BNB Greenfield」発表、コンセンシス、無料web3学習プラットフォーム「MetaMask Learn」提供開始、c0ban取引所が業務再開、エクシアから独立しCoin Masterとして、欧州投資銀行、ポンド建てデジタル債券発行へ、暗号資産ハッキング被害、昨年が過去最高の38億ドル、北朝鮮グループが主導か、分散型取引所Dexalot、アバランチ(AVAX)サブネットでローンチ、SUSHI TOPと「tofuNFT」のCOINJINJAが業務提携、LINE NFT、物件仲介手数料が0.5ヶ月分になるNFT「サクラノスマイ」発売へ、クロスチェーン通信プロトコル「レイヤーゼロ」、重大な脆弱性の指摘を否定、フットサルチーム「ポルセイド浜田」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored