サークル「USDC」、BaseおよびOptimismで正式ローンチ

USDCがBaseおよびOptimismで正式ローンチ

米サークル(Circle Internet Financial)発行の米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」のネイティブ版トークンが、ベース(Base)とオプティミズム(Optimism)上で正式にローンチされたことが9月5日発表された。

これまで両ネットワークではブリッジ版の「USDC」が利用されており、ネイティブ版がリリースされることでこれまで使用されていたブリッジ版に置き換わることが考えられる。

サークルは8月23日、9月中に「USDC」をベース、Cosmos via Noble(コスモスエコシステム)、ニア(NEAR)、オプティミズム(Optimism)、ポルカドット(Polkadot)に対応し、10月にPolygon PoS(ポリゴン)へ対応すると発表していた。

現在「USDC」は、イーサリアム(Ethereum)、ソラナ(Solana)、アルゴランド(Algorand)、アバランチ(Avalanche)、ヘデラ(Hedera)、トロン(TRON)、ステラ(Stellar)、フロウ(Flow)、アービトラムワン(Arbitrum One)でサポートされており、今回ベース及びオプティミズムに対応したことで11のブロックチェーンでネイティブ版「USDC」が利用可能となった。

なおサークルは、「USDC」をネイティブのまま各ブロックチェーン間を転送する「クロスチェーン転送プロトコル(Cross-Chain Transfer Protocol:CCTP)」をイーサリアム・アバランチ・アービトラムの3つのブロックチェーンに対応させている。

今後残りのブロックチェーンにも「CCTP」を対応させることが、サークルより発表されている。

オプティミズム(正式名称:OP Mainnet)は、スケーリング技術「オプティミスティックロールアップ(Optimistic Rollups)」を採用しているイーサリアム(Ethereum)のレイヤー(L)2ブロックチェーン。オプティミズムの開発元であるOPラボ(OP Labs)が提供するオープンソースモジュール「OPスタック(OP Stack)」により構築されている。

またベースは、米ナスダック上場の暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が独自開発したイーサリアムのL2のブロックチェーン。同チェーンはオプティミズムに続き「OPスタック」により構築されたブロックチェーンであり、8月9日にメインネットが正式ローンチした。

なお開発者は「OPスタック」を用いることで、「オプティミスティックロールアップ」を採用した独自のレイヤー2ブロックチェーンを立ち上げられる。

関連ニュース

参考:サークルブログ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/SiberianArt

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した