サークルが南米決済サービス「メルカドパゴ」と提携、「USDC」がチリで利用可能に

Circleが決済サービス「メルカドパゴ」と提携

米ドルステーブルコイン「USDC」発行企業であるサークル(Circle)が、オンライン決済サービス「メルカドパゴ(Mercado Pago)」と提携し、チリで「USDC」決済を導入開始したことを8月29日発表した。

これによりチリユーザーは、「メルカドパゴ」にて瞬時に「USDC」で取引が行えるようになり、チリにおける金融サービスの選択肢が多様化されると同時に、グローバルな金融エコシステムへのアクセスも容易になるとのこと。

サークルは、今回のチリにおける「USDC」決済導入について「ラテンアメリカは、強力な開発者ベース、金融イノベーションへの幅広いサポート、そして価値貯蔵としてのデジタルドルのニーズが高まっており、急速にデジタル金融のハブへと進化しています」と発表にて説明している。

「メルカドパゴ」は、南米最大のECサイトを運営するメルカドリブレ(Mercado Libre)提供のオンライン決済サービスで、オンラインショッピング決済や電子マネー、公共料金や税金の支払いにも利用できる。

今年6月には、ステーブルコイン発行会社パクソス(Paxos)発行の米ドルステーブルコイン「USDP(Pax Dollar)」が、「メルカドパゴ」のメキシコユーザーを対象にサポートされている。

関連ニュース

参考:Circle
images:iStocks/wacomka

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した