Solana PayがShopifyと統合、USDCで支払い可能に

何百万もの企業や消費者が分散型決済にアクセスへ

ソラナラボ(Solana Labs)提供の「ソラナペイ(SolanaPay)」が、ECプラットフォーム「ショッピファイ(Shopify)」と統合し、米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」支払いに対応したと8月23日発表した。

発表によれば、仲介業者を介さず決済できるソラナペイは、銀行手数料・チャージバック・保留時間がかかららず、USDCで即時直接決済が可能だという。

ソラナ財団のコマース事業開発責任者のジョシュ・フリード(Josh Fried)氏は「一方、消費者は、ショッピファイを利用する膨大な加盟店ネットワークからデジタルドル通貨で商品・サービスの支払いができるという利便性と実用性の向上を享受できる」と述べている。

ソラナラボは同決済を、トークンゲーティング(暗号資産を利用するためのきっかけ)の提供、簡単なクロスボーダー決済や、NFTベースのロイヤルティプログラムの提供など、Web3対応の商取引体験のためのゲートウェイ(入口)になると強調している。

ソラナペイについて

ソラナペイは昨年2月にローンチされた分散型ソラナネットワーク上に構築されたオープンソースのプロトコルだ。

米ドルステーブルコイン開発のサークル(Circle)やソラナウォレットのファントム(Phantom)などがローンチパートナーとなっている。

また決済に関するトランザクションは即座に行われ、加盟店はリアルタイムに支払いを受けられるようだ。その他にも加盟店は、ネットワークコストの削減などのメリットが得られるという。 また「ソラナペイ」がもつ重要な思想は「決済とその基盤技術が、必要なサービス・ユーティリティから、加盟店と消費者の間の真のピアツーピア通信チャネルになること」とだという。

Web3対応を促進するショッピファイ

ショッピファイは2月、同サービス加盟店向けにブロックチェーン対応コマースを構築する為の開発アプリケーションの提供開始を発表。

同アプリでは、NFT配布、トークンゲーティング及びロイヤルティ、暗号資産決済などが可能だと説明されている。

またショッピファイでは1月より「ヴェンリー・ショッピファイNFT(Venly Shopify NFT)」というアプリを提供している。このアプリを利用することで、加盟店が知識がなくとも簡単に「アバランチ(Avalanche)」ブロックチェーン上でミントしたNFTを設計・ミントし、販売が可能になっている。

関連ニュース

参考:ソラナ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Vadim-Sazhniev

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事