Shopify、暗号資産決済サービス「Crypto. com Pay」対応

Shopifyが「Crypto.com Pay」に対応

暗号資産(仮想通貨)取引所クリプトドットコム(Crypto.com)提供の暗号資産決済サービス「Crypto.com Pay」が、ECプラットフォーム「ショッピファイ(Shopify)」に対応したことが5月17日分かった。

ショッピファイ加盟店は「Crypto.com Pay」での暗号資産決済が可能になる。また加盟店は設定費用を支払う必要がなく、数分で「Crypto.com Pay」に対応できると発表されている。

対象の暗号資産は「Crypto.com Pay」が取り扱うトークンに対応しており、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、シバ(SHIB)、ドージ(DOGE)、エイプ(APE)など20銘柄以上を利用できるとのこと。

なおクリプトドットコムのネイティブトークン「クロノス:Cronos(CRO)」で支払った顧客に対しては、最大10%の還元を行う「Pay Rewards」が提供されるとのこと。

また今年6月30日までに「Crypto.com Pay」に登録したショッピファイ加盟店は、本来の決済手数料0.5%を1ヶ月無料になるキャンペーンに参加できるとのことだ。

「Crypto.com Pay」は昨年4月、米ニュース雑誌『TIME』に対応、同誌のデジタル版の暗号資産による購読料支払いサポートしている。

またショッピファイは今年4月、ビットコインのライトニングネットワークでデジタル決済プラットフォームを構築するストライク(Strike)に対応している。この対応により米国のショッピファイ加盟店は、世界中の顧客のビットコインの支払いをライトニングネットワークを活用し受け入れられるようになっている。

関連ニュース

米TIME誌、購読料支払いに暗号資産を追加

Crypto. comがMITメディアラボに4年間の助成金、ビットコインのセキュリティ研究支援などに

「Crypto. com」が国際赤十字と提携、ウクライナ支援に向け

Crypto. com、「FIFAワールドカップ・カタール2022」公式スポンサーに就任

「Crypto .com Capital」、テックジャーナリストをパートナーとして採用

参考:クリプトドットコム
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio・Vadim-Sazhniev

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した