米TIME誌、購読料支払いに暗号資産を追加

米TIME誌、購読料支払いに暗号資産を追加

米ニュース雑誌TIMEが暗号資産(仮想通貨)取引所・決済サービスを提供するCrypto.comと提携し、同誌のデジタル版の購読料支払い手段に暗号資産払いを追加したことを4月19日発表した。

暗号資産での支払いを選択した購読者は、Time.comのコンテンツに18カ月間無制限にアクセスできるほか、購読者限定のイベントやサービスを受けられるとのこと。なお現在の暗号資産払いでの対応は米国とカナダのみとなっており、今後数ヶ月のうちに多国でのアクセスも可能になるとのことだ。

なお対象の暗号資産は「Crypto.com Pay」が取り扱うトークンに対応しており、ビットコインやイーサリアム、リップル、ライトコインなどの暗号資産やDeFiトークンのUniswap、Aave、Balancer、Compoundなど20銘柄が利用できる。

またCrypto.comのネイティブトークンであるCrypto.com Coin (CRO)を支払い通貨に選択した購読者に対しては、最大10%の還元を行うPay Rewardsを提供するとのことだ。

THEBLOCKの報道によると、TIME誌が今回の支払いにて得た暗号資産については法定通貨に変換せず保有すると、Timeの広報担当者が述べているとのことだ。なおTIME誌は暗号資産投資企業であるグレースケールと暗号資産に関する動画を共同で制作する際に報酬として受け取るビットコインについても保有することが明らかになっている。

参考:TIMETHEBLOCK

(images:iStock/Olga_Z・LongQuattro

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

保険料支払と保険金受取にビットコイン導入、米自動車保険メトロマイル

米自動車保険会社メトロマイル(Metromile)が、同社が提供するデジタル保険プラットフォームにおける保険料の支払いと保険金の受け取りの両方にビットコインを対応させることを5月6日発表した。なお保険料の支払いと保険金の受け取りの両方に暗号資産(仮想通貨)を導入するのは初の事例となるようだ

Crypto. comがセリエAと提携、コッパ・イタリア決勝にてトロフィーのNFT発行を予定

暗号資産(仮想通貨)取引所・決済サービスを提供するCrypto.com(クリプトドットコム)がイタリアプロサッカーリーグのセリエAとのパートナーシップ契約の締結を5月6日発表した。なおリリースによるとサッカーリーグとして暗号資産関連企業と提携をしたのは初の事例とのこと