ソラナ(SOL)に初のユーロステーブルコイン導入、欧州規制準拠の「EUROe」

ソラナ(SOL)に初のユーロステーブルコインが導入

レイヤー1ブロックチェーンのSolana(ソラナ)上で初のユーロ(EUR)建てステーブルコインとなる「EUROe」が、同チェーン上に導入された。同ステーブルコイン発行元のMembrane Finance(メンブレンファイナンス)が8月23日発表した。

「EUROe」は企業向けに開発されたステーブルコインで、EU(欧州連合)の暗号資産(仮想通貨)市場規制法案(MiCA/マイカ)に準拠しているという。なお「EUROe」は、プライベートブロックチェーンや非ブロックチェーン環境上で電子マネーとしても利用が可能とのこと。

また「EUROe」は、常にユーロと1:1で償還が可能であり、準備金の管理はメンブレンファイナンスが行っているという。100%ユーロの現金と2%のCET1(Common Equity Tier 1:普通株式等Tier1)資本に裏付けられているとのことだ。なおCET1は、銀行の自己資本のうち、主に普通株式と過去の利益の蓄積である内部留保で構成される部分のこと。

なお今回ソラナ上に導入された「EUROe」は、ソラナのトークン規格であるSPLトークンとして発行されているとのことだ。

ちなみに「EUROe」はソラナの他に、イーサリアム(Ethereum)、ポリゴン(Polygon)、アービトラムワン(Arbitrum One)、アバランチ(Avalanche)で利用可能になっている。

なおソラナの上で展開しているDEX(分散型取引所)のOrca(オルカ)では既に、「EUROe」を取り扱っている(同じくソラナ上のDEXであるJupiterは現状非対応)。

また昨年11月にサークル(Circle)が、同社発行のユーロステーブルコイン「EUROC(Euro Coin)」を2023年前半にソラナ対応すると発表していたが、現状は対応できていない状況だ。

関連ニュース

参考:Membrane Finance
デザイン:一本寿和
images:iStocks/nevarpp

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察