ソラナ上でEVM互換を実現する「Neon EVM」、正式ローンチ

Neon EVM正式ローンチ

ソラナ(Solana)上で仮想マシン「EVM(Ethereum Virtual Machine:イーサリアムバーチャルマシン)」互換を実現する「ネオンEVM(Neon EVM)」が、正式にメインネットローンチした。メディア「ザブロック(THE BLOCK)」の報道を引用する形で「ネオンEVM」公式ツイッターが7月19日発表した。

「ネオンEVM」は、「ネオンラボ(Neon Labs)」によって開発されたソラナ(Solana)上のEVMだ。今回「ネオンEVM」がメインネットローンチしたことにより、SolidityやVyper、既存のイーサリアム(Ethereum)スマートコントラクト言語を使う開発者らが、ソラナ上にDapps(分散型アプリケーション)を開発できるようになった。

また今月「ネオンEVM」のネイティブトークン「NEON」が、今回のメインネットローンチに伴い、暗号資産(仮想通貨)取引所コインリスト(CoinList)やバイビット(Bybit)、ゲート(Gate.io)にて上場している。

なお「NEON」はソラナのトークン規格であるSPLトークンとして発行されており、「ネオンEVM」エコシステム内のトランザクション処理やガバナンストークンとして使用可能とのこと。

関連ニュース

    参考:Neon EVM
    デザイン:一本寿和
    images:iStocks/royyimzy・dalebor

    関連するキーワード

    この記事の著者・インタビューイ

    一本寿和

    「あたらしい経済」編集部
    記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
    「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

    「あたらしい経済」編集部
    記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
    「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

    合わせて読みたい記事

    【6/20話題】グリーのSui採用ゲーム「釣りスタ」配信開始、コナミが「Avalancheサブネット」採用など

    【取材】グリー、Sui採用ブロックチェーンゲーム「釣りスタ」配信開始、米クラーケン、入金システムバグ発見の「セキュリティ研究者」と対立、コナミが「Avalancheサブネット」採用、NFT提供ソリューション「リセラ」に、バイナンス、BNB保有者向けエアドロサービス「HODLer Airdrops」開始、バイナンスにLayerZero(ZRO)上場へ、バイナンスUS、米国の複数の州でライセンス取り消し相次ぐ=報道、ハッシュキーのグローバル向け暗号資産取引所「HashKey Global」、先物取引のサービス提供開始、ビットコインステーキング「Babylon」、テストネットの次段階を開始へ、リキッドリステーキングプロトコル「Renzo」、1700万ドル調達、イーサリアム「edcon2024 TOKYO」、ヴィタリックが現地参加でヘッドライナーに。本田圭佑の出演も

    Sponsored