ソラナ(SOL)でEVM互換実現へ、「Neon EVM」12月ローンチ

ソラナ(SOL)でEVM互換実現へ、「Neon EVM」12月ローンチ

パブリックブロックチェーンのソラナ(Solana)上で、EVM(イーサリアムバーチャルマシン)互換を実現する「Neon EVM」が、12月12日にメインネットローンチすることが発表された。これによってSolidity、Vyper、および既存のイーサリアムのスマートコントラクト言語を使う開発者らが、ソラナ上にDapps(分散型アプリケーション)を開発できるようになる。

ちなみにこれまでソラナでDAppsを開発するには「Rust」を利用する必要があった。「Neon EVM」によりイーサリアム上のプロジェクトが、ソラナのユーザーにサービスを展開が可能になる。

「Neon EVM」を開発するNeon Labsの創業者/CEOのマリーナ・グリエヴァ(Marina Guryeva)氏は「Neon EVMは、イーサリアムとソラナという2つの世界のベストを統合し、イーサリアムキラーのストーリーをきっぱりと終わらせるものです。イーサリアムベースのプロジェクトは、Rustでコードを書き直すことなく、これまでアクセスできなかったソラナのオーディエンスや流動性を初めて利用することができます。その結果ユーザーは、イーサリアムのバトルテストされたdAppsを失うことなく、ソラナで強化されたユーザー体験を楽しむことができるようになります」とコメントしている。

またNeon Labsは今後エコシステム拡大のために、アンバサダープログラムを行なっていくとのことだ。

参考:Neon EVM

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ