ソラナラボ、米NYに4階建のコワーキングスペース出店へ

Solana LabがNYにコワーキングスペース出店

ソラナラボ(Solana Labs)が、米NYロウアー・マンハッタン(ダウンタウン)に4階建のコワーキングスペースを出店することを5月11日に発表した。

発表によると、このコワーキングスペースの4フロアのうち3フロアは、ソラナエコシステム内のプロジェクトらによる共同作業やコラボ促進、イベント開催に活用されるという。

なおコワーキングスペースを利用する為には応募が必要があり、選ばれると無料でコワーキングスペース内のデスクが提供されるという。

またコワーキングスペースの開始に伴い、「ソラナペイ(SolanaPay)」や「NFTの受け取り」、「ソラナブロックチェーン上のゲームのプレイ」、「違法行為から消費者を保護する為のテクノロジーについて学ぶ場」などを体験できるイベントが、このコワーキングスペースで開催されるとのこと。

さらにこのイベントでは、NYを拠点にソラナ上でプロジェクトを展開する企業らが、自社の取り組みについてデモをする場なども設けられているとのことだ。

なおこのイベントには、ソラナ財団の事務局長ダン・アルバート(Dan Albert)氏やヘリウム財団のCOOスコット シーゲル(Scott Sigel)氏、ニューヨーク市経済開発会社(NYCEDC)の社長兼CEOアンドリュー・キンボール(Andrew Kimball)氏、そしてニューヨーク市議会議員および州議会議員数名などが参加すると伝えられている。

ソラナに関しては今年2月、昨年夏にニューヨークとマイアミで出店されたショップ「ソラナスペース(Solana Spaces)」を閉店している。

「ソラナスペース」はソラナブランドの商品を購入できる実店舗で、ソラナ財団(Solana Foundation)や、ソラナの暗号資産ウォレット「ファントムウォレット(Phantom wallet)」を提供するファントム(Phantom)などから資金を調達して運営されていた。

関連ニュース

参考:プレスリリース
images:iStocks/alphaspirit

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察