SBI VCトレード、「ステーキングサービス」にイーサリアム(ETH)、ソラナ(SOL)追加

SBIVCトレードがステーキングサービスに2銘柄追加

国内暗号資産(仮想通貨)取引所SBI VCトレード提供の「ステーキングサービス」に、イーサリアム(ETH)およびソラナ(SOL)の2銘柄が追加されることが4月28日発表された。5月1日より追加される予定とのこと。

なおETHとSOLのステーキングサービスを国内で提供するのは、SBI VCトレードが唯一となる。なお1月31日をもって暗号資産交換業から撤退したクラーケンジャパンがETHステーキングを当時国内で唯一提供していた。

なお同サービスはSBI VCトレードにおいてサポート銘柄を保有する全ユーザーが対象で、申し込みは不要。対象暗号資産を保有しているだけで、収益(ステーキング報酬)が得られるようになっている。

各銘柄の報酬額についてはETHが年率2.0~5.0%、SOLが年率5.0~7.0%となっている。手数料については共に配分ステーキング報酬の25%。注意点としては、SBI VCトレードで提供されている「レンディングサービス」に貸し出している暗号資産についてはステーキングの対象外となるとのことだ。

SBI VCトレード提供のステーキングサービスでは、既にカルダノ(ADA)、アバランチ(AVAX)、ポルカドット(DOT)、テゾス(XTZ)に対応している。今回のETH・SOLの追加により同サービスの取り扱い暗号資産は6銘柄となる。

SBI VCトレードではステーキング対象の銘柄について、今後も順次拡大させていく予定とのことだ。

ステーキングとは

ステーキングとは、「バリデーター」と呼ばれるユーザーが、対象となる暗号資産を一定量保有(ロック)することで取引記録のブロック生成プロセスに参加し、報酬を得る行為のこと。

暗号資産取引所が一般ユーザー向けに提供するステーキングサービスでは、ユーザーからトークンをプールに集め、ネットワークにまとめて預け入れる形式をとる。そのためステーキング参加に本来必要な暗号資産保有量を持たないユーザーでも、少額でステーキング報酬が得られる仕組みになっている。

なおステーキングは、コンセンサスアルゴリズムの「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」を採用するブロックチェーンで実行が可能となっている。コンセンサスアルゴリズムとは、暗号資産のブロックチェーンのブロックを追加する際の合意形成のアルゴリズムである。

関連ニュース

参考:SBI VCトレード
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Lidiia-Moor

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ