ユーロステーブルコイン「EUROC」、サークルがソラナ(SOL)への対応発表

ユーロステーブルコイン「EUROC」、サークルがソラナへの対応発表

米ドルステーブルコイン「USDC(USD Coin)」やユーロの「EUROC(Euro Coin)」発行元であるサークル(Circle)が、2023年前半に「Euro Coin」をソラナ(Solana)基盤に対応することを11月6日に発表した。今年6月に「EUROC」は、イーサリアム「ERC-20」規格として発行されていた。 

またサークルは、パーミッションレスなクロスチェーン基盤である「Cross-Chain Transfer Protocol」へのアクセスをソラナに拡張する計画も発表した。

ソラナラボ(Solana Labs)の決済責任者シェラズ・シャア氏は「EUROCがソラナで利用可能になることで、FXの新しいユースケースが解放され、新しいベース通貨でトレーダーにオプション性を提供し、EUROCの貸し借りが可能になり、ソラナペイの決済通貨としてUSDCと並んで利用可能になります。ソラナのようなほぼ即時決済が可能な高速で効率的なチェーン上のEUROCなどのステーブルコインは、銀行やフィンテックの未来となるでしょう」とリリースで伝えている。

サークルのプロダクト担当副社長ジョアン・レジナート(Joao Reginatto)氏は「ステーブルコインのためのマルチ通貨戦略は、ユーザーにオプション性を提供し、マルチチェーンの可用性は流動性へのアクセスを容易にします。ソラナは、EUROCとCross-Chain Transfer Protocolの開発者エコシステムの深さと幅を考えると、論理的な次のステップです。私たちは、来年早々にローンチする際に、この成長を見守ることに興奮しています」と説明している。

ちなみに6月のEUROCのローンチ時に対応が決まっていたサービスは、アンカレッジデジタル(Anchorage Digital)、バイナンスUS(Binance.US)、ビットスタンプ(Bitstamp)、コンパウンド(Compound)、カーブ(Curve)、CYBAVO、DFX、ファイヤーブロックス(Fireblocks)、FTX、フォビグローバル(Huobi Global)、レジャー(Ledger)、メタマスク(MetaMask Institutional)、ユニスワップ(Uniswap Protocol)などとなっている。

参考:Circle
images:iStocks/Who_I_am
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表