米コインベースにHashflow(HFT)上場へ

米コインベースにHFT上場へ

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、暗号資産ハッシュフロー:Hashflow(HFT)の取り扱い予定を11月7日発表した。

HFTは流動性条件が満たされ次第、「コインベースドットコム(Coinbase.com:販売所)」及び、同社提供の個人トレーダー向けプラットフォーム「コインベース・エクスチェンジ(CoinbaseExchange)」にて、11月7日23:00(PT:同日9:00)以降に取引開始される予定だ。なお日本居住者はサポート対象外となっている。

取引ペアについては、HFT-USDおよびHFT-USDTがサポートされることになっており、取引は段階的に開始されるという。

なお今回サポートされるHFTはイーサリアムのトークン規格ERC-20で発行されたトークンとなる。

またHFTは新規銘柄や市場で取引量が比較的少ない銘柄に付けられる「Experimental label(実験的ラベル)」の対象通貨となっている。このラベルは、市場の状況で取引量が増えた場合に削除される予定だ。

ハッシュフローは、取引時のスリッページリスクを軽減する為に設計された分散型取引所(DEX)だ。スリッページリスクとは為替レートが変わり、約定金額が変更しうるリスクのことである。ネイティブトークンであるHFTは、ハッシュフロー上でイールドファーミングやガバナンストークンとして使用できる。

またHFTは、ハリウッドの大手クリエイティブエージェンシー「スーパーコンダクター」が開発したGameFi「ハッシュバース(Hashverse)」上でも、クエストやステーキングとして活用できる。

現在のところHFTは、バイナンス(Binace)やクラーケン(Kraken)、クーコイン(Kucoin)、エムイーエックスシー(MEXC)、バイビット(Bybit)などの暗号資産取引所が取り扱っている。

関連ニュース

米コインベース、「Wrapped Axelar(WAXL)」取り扱いへ

コインベース、法定通貨によるUSDC購入手数料が免除に

米コインベース、シンガポールで決済機関のライセンス取得

グーグルクラウドとコインベースがweb3で提携、サービス料の暗号資産決済など対応へ

クラーケングローバルにHashflow(HFT)上場へ

デザイン:一本寿和
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察