米コインベース、シンガポールで決済機関のライセンス取得

米コインベースがシンガポールで規制当局の承認を取得

米ナスダック上場の大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、シンガポールにおける主要決済機関としての原則承認 (IPA)を得たことを10月10日発表した。

この承認は、シンガポールの中央銀行で金融規制当局でもあるMAS(シンガポール金融管理局)から得たものだ。これによりコインベースは、MAS規制下のもと同国でデジタル決済トークン(DPT)およびそれに関するサービスが提供できるようになったという。

なおこのMASによる承認はパクソス(Paxos)やクリプトドットコム(Crypto.com)、シンガポール最大の銀行DBSが運営する証券会社であるDBSヴィッカーズ(DBS Vickers)、そしてSBIグループのSBIデジタルマーケッツ(SBI Digital Market)など十数社が取得しているライセンスだ。

コインベースは「本日の発表は、シンガポールを拠点とする機関投資家や法人顧客に将来的に新しい機能を提供することを可能にする地域ハブとしてのシンガポールへのコミットメントを強調するものだ」と述べている。

また「シンガポールは、APAC(アジア太平洋)とそれ以外の地域で重要な規制と商業的役割を果たし、当社のグローバルな人材のハブとして機能する。私たちは、ここでクリプト(ブロックチェーン・暗号資産領域に関する総称)経済のために投資と構築を続けることに興奮している」ともリリースでコメントしている。

なおコインベースは先日6日に豪州ユーザー向けにサービス拡大することを発表している。また先月9月22日には、オランダ中央銀行(DNB)に暗号資産サービスプロバイダーとして登録が完了したことをコインベースは発表している。これによりリテール(小売)・機関投資家向けを含めたコインベース提供の全商品がオランダで提供可能になった。

関連ニュース

米コインベース、豪州ユーザー向けにサービス拡大 

コインベース、オランダで暗号資産ライセンス取得 

SBIデジタルマーケッツ、シンガポールで投資運用ライセンス取得 

SBIデジタルアセット、キャピタルマーケットサービス(CMS)ライセンス正式取得、シンガポールで 

コインベースとブラックロックが提携、機関投資家に暗号資産取引提供へ

参考:コインベース
images:iStocks/Abscent84・Kandl

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ