ソラナ(SOL)が「ステート圧縮」技術を開発、NFT発行の手数料が大幅削減へ

ソラナが新技術開発、NFT発行の手数料が大幅に削減

パブリックブロックチェーンのソラナ(Solana)の開発を支援するソラナ財団(Solana Foundation)が、ソラナで利用できる新技術「ステート圧縮」の開発を4月6日に発表した。

発表によるとこの新技術は、データを圧縮してブロックチェーン上に直接保存する技術であるという。またこの技術はあらゆる種類のデータの保存に利用できるが、初めはNFT(非代替性トークン)の作成を目的とするそうだ。

これまではNFTを作成する際にデータをブロックチェーン上に保存すると、発行するNFTの数に比例したコストが掛かっていた。しかし「ステート圧縮」を利用すると発行する枚数が増えてもコストが比例して増大することはないという。

そのため「ステート圧縮」を利用すれば、プロジェクトが大きくなればなるほどコストは削減できるという。具体的には、これまでのソラナでは120万SOL必要だった1億個のNFTの発行が、およそ50SOLで行えるようになったとのこと。これは1個当たりの発行にかかるコストが1回の通常のトランザクションとほぼ同じの価格で済むということだ。

なおブロックチェーンベースのメッセージングサービス「ディアレクト(Dialect)」や、NFTやAPIツールを提供するクロスミント(Crossmint)などいくつかのサービスや企業はすでに「ステート圧縮」の利用を開始しているという。

また「ステート圧縮」を利用したNFTを発行するツール「バブルガム(Bubblegum)」がメタプレックス(Metaplex)によってすでに公開されており、誰でも簡単に利用できるようになっている。

なおソラナは今年2月ソラナベースのNFTやトークン、オンチェーンのプログラムをゲーム開発エンジンUnityで開発するゲームに統合することをサポートする「Solana SDK」をUnityアセットストアで公開している。

関連ニュース

参考:ソラナ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/wacomka

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【7/12話題】フィリップ証券が国内初の映画のデジタル証券、トランプが「ビットコインカンファレンス」で演説へなど(音声ニュース)

フィリップ証券が国内初の映画のデジタル証券販売へ、25年公開『宝島』の関連権利をST化、ドナルド・トランプ、7月27日に「ビットコインカンファレンス2024」で演説へ、バイナンスジャパン、貸暗号資産「Simple Earn」にアスター(ASTR)追加、米SEC、BUSDに関するパクソスの調査を終了。強制執行は実施せず、米マイクロストラテジー、1対10の株式分割を発表、ビットコインLN決済でギフトカード購入可能に、カシェイとライフカード提携で、米コインベースがオンチェーン資産を一括管理できるWebサイト公開、複数ウォレット接続で、コロプラのBrilliantcrypto、ゲーム内デジタル宝石のユーザー間取引数が1万件突破、Fireblocks、「グローバル・カストディアン・パートナー」にSBI出資のゾディアや野村のコマイヌらが参加、ゴールドマン・サックス、3つのトークン化商品を年内発表か=報道、Worldcoinが独自ブロックチェーン「World Chain」の開発者プレビュー公開、下期のメインネットローンチに先駆け

Sponsored