ソラナ上のDEX「Raydium」、ハッキングの詳細と補償案を発表

ソラナ上のDEXで5.7億円のハッキング

ソラナ(solana)上のDEX(分散型取引所)レイディウム(Raydium)が、同取引所で発生したハッキングについての詳細と被害者への補償案を12月21日に発表した。

レイディウムによると、同取引所においてハッキングが発生したのは12月16日で、被害額は合計440万ドル(約5.7億円)に上るとのこと。ブロックチェーンセキュリティ企業サーティック(CertiK)によると、盗まれた資産はSOL、ZBC、USDC、USDTなどとなっており、ハッカーはこれらの資産をETHに変換し、さらにトルネードキャッシュに送付したと見られている。

なおハッキングの方法については、レイディウムにおける手数料徴収のためのアルゴリズムが悪用され、流動性プールから直接資金が盗まれたとのことだ。

またレイディウムの開発チームは、被害を受けた流動性プロバイダーに向けた補償計画を提示した。その内容はレイディウムのネイティブトークンであるRAYを被害者に割り当てるというものだ。なおこの補償に使用されるRAYは、すでに開発チームに対して割り当てられている分のRAYになるという。

レイディウム開発チームはこの提案について3日間の議論期間を設け、その後コミュニティ投票を実施するとのことだ。

関連ニュース

ソラナ(Solana)ハッキング続報、原因はSlopeウォレットか、SOL価格にほぼ影響せず

NEARのDeFi「Skyward Finance」でハッキング、約4.4億円分のwNEARが流出

バイナンススマートチェーンが停止、ブリッジのハッキング被害額1.1億ドル

「Concordex」が170万ドル調達、機関投資家レベルの証拠金/デリバティブ取引を「Concordium」で実現へ

コスモスDEX「Osmosis(OSMO)」、ステーブルスワップをローンチ

参考:Raydium
デザイン:一本寿和
images:iStocks/M-A-U

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察