コスモスDEX「Osmosis(OSMO)」、ステーブルスワップをローンチ

Osmosisがステーブルスワップをローンチ

コスモスベースの分散型取引所(DEX)であるオズモシス(Osmosis)が、ステーブルコインを交換するためのプロトコル「ステーブルスワップ(Stableswap)」を12月9日にローンチした。

オズモシスは、コスモスのIBC通信(ブロックチェーン間通信)対応の全てのチェーン上のトークンを取引することが可能なDEX(分散型取引所)機能を備えたチェーンである。

今回ローンチされた「ステーブルスワップ」はAMM(自動マーケットメイカー)形式の取引プロトコルである。ユーザーはこれを利用することで異なる銘柄のステーブルコイン同士を交換できるという。

「ステーブルスワップ」では、取引価格を決定する「ステーブルスワップ曲線」を、流動性が集中する範囲で相関が保たれるような設計にすることにより「大規模な取引を行っても価格が変動しづらい」「流動性の効率向上による価格の低下」などの利点を生み出すことに成功したとのこと。

また今回「ステーブルスワップ」を立ち上げるにあたり、開発チームはゼロからプロトコルを構築したとのことだ。それにより開発者側としては「計算効率の向上」「コードのテストや監査の容易化」などのメリットを享受できるようになったとのこと。

さらにオズモシス上で安価にステーブルコインの流動性にアクセスできるようになることで、レンディング、保管、デリバティブ・プロトコルなどの他のアプリケーションも利益を得られるようになるとのことだ。

オズモシスはステーブルコインを活用するためのツールの開発を複数進めており、将来的には「ステーブルスワップ」がブロックチェーンをまたいだDeFiのエンジンとなれるよう開発を進めるとのこと。

ステーブルスワップ」の利用者が増えれば、イーサリアムにおける主要ステーブルコイン取引所カーブ(Curve)と同様のポジションを「ステーブルスワップ」がコスモス上で確立できる可能性があるとリリースで伝えられている。

関連ニュース

【動画解説】コスモスの分散型取引所(DEX)「Osmosis」とは?(CauchyE代表 木村優氏)

バイナンスにコスモスDEX「Osmosis(OSMO)」上場

コスモス(ATOM)IBC対応チェーン全てに影響するセキュリティ脆弱性、パッチ対応へ

ポルカドット(DOT)とコスモス(ATOM)間でトークンスワップ可能に、ムーンビームとオズモシス連携

参考:Osmosis
デザイン:一本寿和
images:iStocks/FlashMovie

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored