バイナンスにコスモスDEX「Osmosis(OSMO)」上場

バイナンスのイノベーションゾーンにOSMO上場

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、暗号資産オズモシス:Osmosis(OSMO)の上場予定を10月28日発表した。OSMOの上場は、他のトークンよりも高いボラティリティと高いリスクをもたらす可能性が高いトークンの取引を提供する「イノベーションゾーン」での対応となる。

取引は10月28日10:00(UTC:世界協定時)より開始しており、取引ペアはOSMO / BTC、OSMO / BUSD、OSMO / USDTとなっている。なお出金については10月29日10:00より開始されている。

さらにバイナンスは2022年10月28日10:00(UTC:世界協定時)から48時間以内に、OSMOをクロスマージンと分離マージン、およびその借入可能資産として追加するとのこと。取引ペアについては共にOSMO/BUSD、OSMO/USDTとなっている。

Osmosis(OSMO)とは?

OsmosisはコスモスのIBC通信ができるすべてのチェーン上のトークンを取引することが可能なDEX(分散型取引所)機能を備えたチェーンだ。取引しない人でも取引ペアごとに「流動性プール」として取引ペアのトークンを預け入れるAMM(自動マーケットメーカー)のDEXを備えている。また、流動性プールにOSMOを預けつつ、チェーンへのOSMOのステーキングも同じOSMOでできるのが特徴だ。

OSMOは現在、バイナンス(Binance)の他、エムイーエックスシー(MEXC)やビットゥルー(Bitrue)、ビットゲット(Bitget)、デジフィネックス(DigiFinex)などの暗号資産取引所で取り扱われている。また、現在のOSMOの時価総額は約655億円となっている(10/31コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

【動画解説】コスモスの分散型取引所(DEX)「Osmosis」とは?(CauchyE代表 木村優氏) 

コスモス(ATOM)IBC対応チェーン全てに影響するセキュリティ脆弱性、パッチ対応へ 

バイナンス、DeFiの「GMX(GMX)」取り扱いへ 

バイナンス、DEXの「Biswap(BSW)」上場 

米コインベース、アバランチのDEX「Pangolin(PNG)」上場へ 

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/17話題】コインチェックにBRIL上場、コインベストが関東財務局から行政処分など

コインチェックに「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」上場、ビットトレードにアプトス(APT)とトンコイン(TON)上場へ、コインベストが関東財務局から行政処分、IEO業務態勢の改善命令で、米SEC、リップル社に1億260万ドルの罰金科すよう裁判所に要求、オーケーコインジャパンに「トンコイン(TON)上場へ、国内2例目、BISが86の中銀対象としたCBDCに関する調査結果を発表=レポート、暗号資産特化のVC「Paradigm」、新ファンドで約1138億円調達=報道、独通信事業者ドイツテレコム子会社、ビットコイン(BTC)マイニング事業参入へ、ムーンペイ、ペイパルアカウントでの暗号資産購入がEU24ヵ国・英国全域に拡大

Sponsored