バイナンス、DeFiの「GMX(GMX)」取り扱いへ

バイナンスがGMX取り扱いへ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、暗号資産ジーエムエックス:GMX(GMX)を取り扱うことを10月5日発表した。

GMXは同取引所のイノベーションゾーンにて、10月5日10:00(世界協定時:UTC)より取引が開始される予定だ。

取引ペアについては、GMX/BTC、GMX/BUSD、GMX/USDTがサポートされるとのこと。また出金については、取引開始時刻と同時に開始となる。

なおイノベーションゾーンとは、他のトークンよりも高いボラティリティと高いリスクをもたらす可能性が高いトークンの取引を提供するサービスだ。

ジーエムエックス:GMX(GMX)とは

ジーエムエックスはアービトラムとアバランチ(Avalaunche)で安い手数料でのスワップを提供するDeFiプロトコル。また1.1倍から30.5倍のレバレッジをかけたポジションを持つこともできる。GMXはジーエムエックスのガバナンストークンである。

GMXは現在、暗号資産取引所であるエムイーエックスシー(MEXC)やバイビット(Bybit)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV3(Uniswap V3)やスシスワップ(Sushiswap)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。現在のGMXの時価総額は約460億円となっている(10/5コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

FTXグローバル、「Mycelium(MYC)」と「GMX(GMX)」取り扱いへ

アスター(ASTR)がバイナンスUSに上場へ、米国市場へ本格参入

バイナンス、スケーリングソリューション「zkBNB」のテストネットリリース

バイナンスに流入するUSDCが増加する可能性も、サークルCEO

米司法省のバイナンスへの調査実態、CZの関与記録提出も要請か

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/FinkAvenue

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も