FTXグローバル、「Mycelium(MYC)」と「GMX(GMX)」取り扱いへ

FTXグローバルがMYCとGMX取り扱いへ

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所FTXグローバルが、新たに暗号資産マイセリウム:Mycelium(MYC)とジーエムエックス:GMX(GMX)を取り扱うことを10月4日発表した。

両銘柄は現物取引で取り扱われるとのことで、取引ペアについてはそれぞれMYC/USD、GMX/USDとなっている。

取引開始については日本時間10月5日の23時(UTC:同日14:00)に開始される予定であり、入出金については同日11時に開始される。

マイセリウム:Mycelium(MYC)とは

マイセリウムはイーサリアムのL2スケーリングソリューションズであるアービトラム(Arbitrum)でスワップとステーキングを提供するDeFiプロトコル。以前トレーサー(Tracer)の名前で知られていた。またMYCはマイセリウムで利用できるユーティリティトークン兼ガバナンストークンである。 ・MYCは現在、ユニスワップV3(Uniswap V3)やスシスワップ(Sushiswap)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている(10/5コインマーケットキャップ調べ)。

ジーエムエックス:GMX(GMX)とは

ジーエムエックスはアービトラムとアバランチ(Avalaunche)で安い手数料でのスワップを提供するDeFiプロトコル。また1.1倍から30.5倍のレバレッジをかけたポジションを持つこともできる。GMXはジーエムエックスのガバナンストークンである。

GMXは現在、暗号資産取引所であるエムイーエックスシー(MEXC)やバイビット(Bybit)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV3(Uniswap V3)やスシスワップ(Sushiswap)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。現在のGMXの時価総額は約460億円となっている(10/5コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

FTXグローバル、独自のドルインデックス「FTXDXY」を無期限先物で提供開始

FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ

FTXグローバル、「Wrapped Axelar(WAXL)」取り扱いへ

Solana(SOL)インフラ開発のCoral、FTXやJumpなどから約28億円調達、独自ウォレット展開へ

FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ

参考:MYCGMX
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored