FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ

FTXグローバルがHBB取り扱い

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所FTXグローバルが、新たに暗号資産ハッブルプロトコル:Hubble Protocol(HBB)を取り扱うことを9月21日発表した。

HBBは現物取引で取り扱われるとのことで、取引ペアについてはHBB / USDとなっている。

取引開始については日本時間9月22日の23時(UTC:同日14:00)に開始される予定であり、入出金については既に開始されている。

ハッブルプロトコル:Hubble Protocol(HBB)とは

HBBは、ソラナ(Solana)上でリキッドステーキングやレンディングを提供するDeFiプロトコルである「ハッブルプロトコル(Hubble Protocol)」のネイティブトークンだ。将来的には同プロトコルのガバナンストークンとして機能するという。

HBBは現在、暗号資産取引所であるクーコイン(KuCoin)やフォビグローバル(Huobi Global)などの暗号資産取引所の他、分散型取引所(DEX)のオルカ(Orca)などの取引所で取り扱われている。

なお現在のHBBの時価総額は約5.9億円となっている(9/22コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

FTXグローバル、DeFiの「Euler Finance(EUL)」取り扱いへ

FTXグローバル、ソラナの「Metaplex(MPLX)」を取り扱い開始

FTXグローバル、「Ravencoin(RVN)」と「Flux(FLUX)」を無期限先物で取り扱いへ

Sui開発のミステンラボがFTXらから約430億円調達、a16zや電通ベンチャーズも参加

FTX JPで「アバランチ(AVAX)」上場、国内2例目

参考:FTX
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【10/5話題】OasysがtofuNFTと提携、マスターカードがCrypto Secureローンチなど(音声ニュース)

【取材】ゲーム特化型ブロックチェーンOasys、tofuNFTと提携、マスターカード、暗号資産取引の安全性を高める「Crypto Secure」ローンチ、ブロックチェーンゲームのホライゾンが約58億円調達、SFTマーケをローンチへ、NFTの第3四半期売上高が急減、第2四半期比で60%減、スイスのルガーノ市、マクドナルドでビットコイン・USDT・LVGA支払可能に、フィデリティ、イーサリアム(ETH)のインデックスファンド提供開始、FTXグローバル、「Mycelium(MYC)」と「GMX(GMX)」取り扱いへ、バイナンス、DeFiの「GMX(GMX)」取り扱いへ、Bリーグの青森ワッツ、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored