FTXグローバル、DeFiの「Euler Finance(EUL)」取り扱いへ

FTXグローバルがEUL取り扱いへ

海外暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所のFTXグローバルが、新たに暗号資産ユーラーファイナンス:Euler Finance(EUL)を取り扱うことを9月20日発表した。

EULは現物取引で取り扱われるとのことで、取引ペアについてはEUL/USDとなっている。

取引開始については日本時間9月21日の23時(UTC:同日14:00)に開始される予定であり、入出金については既に開始されている。

ユーラーファイナンス:Euler Finance(EUL)について

EULは、任意のトークンでロングまたはショートポジションが持てるDeFi(分散型金融)プロトコル「ユーラーファイナンス(Euler Finance)」のガバナンストークンだ。同プロトコルでは、利回りを得るためにトークンの貸し出しや借り入れができる。

EULは現在、暗号資産取引所であるフオビグローバル(Huobi Global)やエムイーエックスシー(MEXC)などの暗号資産取引所の他、分散型取引所(DEX)のユニスワップV3(Uniswap V3)など多くの取引所で取り扱われている。

なお現在のEULの時価総額は約112億円となっている(9/21コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

FTXグローバル、ソラナの「Metaplex(MPLX)」を取り扱い開始

FTXグローバル、「Ravencoin(RVN)」と「Flux(FLUX)」を無期限先物で取り扱いへ

Sui開発のミステンラボがFTXらから約430億円調達、a16zや電通ベンチャーズも参加

FTX JPで「アバランチ(AVAX)」上場、国内2例目

韓国釜山市がFTXと提携しブロックチェーン推進、バイナンスとの提携に続き

参考:FTX
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論