韓国釜山市がFTXと提携しブロックチェーン推進、バイナンスとの提携に続き

韓国釜山市とFTXが提携

韓国釜山市が大手暗号資産(仮想通貨)デリティブ取引所FTXと業務協定を締結したことを8月30日発表した。協定内容はブロックチェーン分野の多様な事業と釜山デジタル資産取引所設立を推進することを目的としたものとなる。

発表によると、FTXは釜山地域大学と連携したブロックチェーン特化教育及び、釜山市のブロックチェーン規制フリーゾーンを活用した多様な事業を共同推進して釜山ブロックチェーン産業の育成のために相互協力していく予定だという。

釜山市は以前から韓国におけるブロックチェーン・ハブを目指し、さまざまな取り組みを行ってきた。2019年にはブロックチェーン特区に指定されており、ブロックチェーンベースのIDサービス「B Pass」、地域通貨流通促進サービス「Busan Digital Voucher」、水産物物流サービス「B-Fresh」など多くのプロジェクトを展開している。

また先週には世界最大手の暗号資産取引所バイナンス(Binance)がFTXと同様の内容で契約を締結しており、FTXと同じく、釜山市のブロックチェーン規制フリーゾーンを活用して関連ビジネスやプロジェクトを促進することや、バイナンスが同市における関連研究と投資を支援することが予定されている。またバイナンスは、2022年内に釜山市で開催されるブロックチェーンウィークの開催サポートも行う予定だ。

釜山市長のパク・ヒョンジュン氏は「今回の協約で釜山デジタル資産取引所設立に力を入れ、釜山をブロックチェーン特化都市として造成して地域経済の新たな成長動力を確保する」と語っており、「今後もグローバルデジタル金融都市釜山に向けた一歩止まらない」と強調した。

関連ニュース

バイナンスが韓国釜山市と覚書締結、ブロックチェーン産業の発展促進で

韓国の無登録暗号資産事業者16社、措置対象へ

Crypto .comが韓国進出へ、決済と暗号資産の関連会社2社買収で

ソラナ(SOL)、韓国web3新興企業向けに130億円規模ファンド立ち上げ=報道

アニモカと韓国CUBE合弁会社、K-POPアーティスト動画NFTをエアドロップへ

参考:釜山市
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Junghee-Choi

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored