Crypto .comが韓国進出へ、決済と暗号資産の関連会社2社買収で

Crypto .comが決済と暗号資産の関連会社2社買収

暗号資産(仮想通貨)取引所クリプトドットコム(Crypto.com)が、韓国市場へ進出することが分かった。

同取引所は8月8日、韓国の決済サービスプロバイダー「PnLink」と暗号資産サービスプロバイダー「OK-BIT」の買収完了を発表。 これによりクリプトドットコムは韓国における電子金融取引法および暗号資産(仮想通貨)サービス事業者への登録を事実上取得したことになる。

クリプトドットコムの共同創設者兼CEOであるクリス・マーサレク(Kris Marszalek)氏は今回の買収完了について「これは重要な市場におけるCrypto.comの刺激的な次のステップです」とコメントしている。

また「特に韓国のように消費者がデジタル通貨に強い関心を持ち、採用している国において、私たちは規制当局と協力し、当社の製品とサービスを市場に提供し続けることを約束します」とプレスリリースにて述べている。

クリプトドットコム(Crypto.com)は先月7月、イタリアおよびキプロスで暗号資産サービスプロバイダー(VASP:Virtual Asset Service Provider)として承認されたことを発表していた。また今年に入りギリシャやシンガポール、ドバイでもVASPとして承認されている。

関連ニュース

クリプトドットコム、キプロスで暗号資産ライセンス取得

クリプトドットコム、イタリアで暗号資産ライセンス取得

クリプトドットコム、ドバイで仮承認ライセンス取得

米コインベース、イタリアで暗号資産ライセンス取得

バイナンスがイタリアで認可、欧州2例

参考:クリプトドットコム
デザイン:一本寿和
images:iStocks/b14ckminus

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない