クリプトドットコム、ドバイで仮承認ライセンス取得

クリプトドットコム、ドバイで仮承認ライセンス取得

暗号資産(仮想通貨)取引所クリプトドットコム(Crypto.com)が、中東ドバイで仮承認の暗号資産取引所の運営ライセンスを取得したことが6月3日分かった。

クリプトドットコムは今回の仮承認ライセンスの取得により、ドバイの規制当局であるドバイ暗号資産規制機関(Dubai Virtual Asset Regulatory Authority:VARA)の規制下のもと、一連の暗号資産サービスを提供できるとのこと。また機関投資家などに追加のプロダクトとサービスを提供するのは、完全に承認されたライセンス取得後となるようだ。

なおクリプトドットコムは、完全に承認されたライセンスを取得するには「近いうちに義務付けられた全ての要件を満たすとすぐに発行されるように設定されている」と説明している。

VARAは、今年3月9日に公布されたドバイ暗号資産規制法により設置された暗号資産事業に関する規制当局だ。ドバイにおける暗号資産の発行、取引、承認を監督しており、また暗号資産取引所とサービスプロバイダーを規制して消費者保護を確保している。

クリプトドットコムは3月、ドバイに地域ハブを設置する計画を発表しており、UAE(アラブ首長国連邦)政府と提携して、グローバルな金融イノベーションを共同推進するとしている。

アラブ首長国連邦(UAE)の都市ドバイは、ドバイ市のみで首長国を構成する、事実上の都市国家である。ただし、首長とは別に市長が置かれ、主に民政を担当している。

昨年9月、アラブ首長国連邦の金融規制当局は、経済特区となるドバイ世界貿易センター局(DWTCA)のフリーゾーン(FZ)において、暗号資産に関する金融活動について支援を行うことを発表した。

昨年12月にはバイナンス(Binance)がドバイ世界貿易センター局と提携して暗号資産に関する規制構築の支援を行うことを発表し、今年3月にはドバイ暗号資産規制法が公布され、VARAからライセンスを取得した最初の暗号資産取引所となった。

関連ニュース

バイナンス、ドバイで暗号資産取引所のライセンス取得

ドバイ政府が暗号資産規制法を公布、規制当局設置も

バイナンス、ドバイの暗号資産ハブ構想を支援へ

UAE規制当局、ドバイの経済特区で暗号資産取引を推進

Shopify、暗号資産決済サービス「Crypto. com Pay」対応

参考:クリプトドットコム
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Kesu01

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【2/28話題】INTMAXが「Plasma Next」メイネットαをローンチ、周南公立大がDiamond HandsとWeb5でデジタル学生証など

INTMAX、「Plasma Next」メイネットαをローンチ。Plasmaの完成により拡張性向上、周南公立大学、Web5採用でDID利用のデジタル学生証の実証へ。Diamond Handsと提携で、イーサリアム大型アップグレード「Dencun」、メインネット実装日が3月13日に正式決定、ユニスワップ(UNI)に新機能が追加、暗号資産取引がよりシームレスに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、2日連続で13億ドル超えの取引高を記録、英ロイズ銀行、ブロックチェーン活用の電子船荷証券(eBL)ネットワークに参加、国内初、ビットポイントに「オシトークン(OSHI)」上場、Binance Japanにラップドビットコイン(WBTC)・ファイルコイン(FIL)・スイ(SUI)上場へ、取扱い50銘柄に、ビットフライヤーにドージコイン(DOGE)上場へ、2月で取扱い10銘柄目、SBI、日本酒「作(ZAKU)」にブロックチェーン導入で不正流通を防ぐ。開封後に「ラベルNFTバッジ」受取も、ファントムが「Wallet Watcher」提供開始、任意のウォレットを監視可能に、アバランチ(AVAX)がネットワーク障害でブロック確定が約6時間停止、現在は解決済み