ドバイ政府が暗号資産規制法を公布、規制当局設置も

ドバイ政府が暗号資産規制法を公布、規制当局設置も

ドバイ政府は3月9日にドバイ暗号資産(仮想通貨)規制法を公布し、暗号資産事業に関する規制当局を設置することを発表した。

リリースによると、今回の暗号資産規制法は投資家を保護するための高度な法的枠組みの構築と暗号資産業界のガバナンスに関する基準を設置することで、慎重な規制下で責任あるビジネスの成長を促すことを目的としているとのことだ。

この法律では、ドバイ首長国において暗号資産サービスを規制、監督、管理する権限を持つ規制当局の任務と権限が定義されている。ドバイ政府は同法にしたがって新たな規制当局であるドバイ暗号資産規制機関(Dubai Virtual Asset Regulatory Authority:VARA)を設置するとのことだ。

また同法は、規制当局が暗号資産の分類や種類の指定に加えて、管理サービス、清算・決済サービスなどの暗号資産事業に関する規則を制定することを義務づけているとのこと。

VARAが管理する暗号資産事業は「暗号資産プラットフォームサービスの運営・管理、国内外における、暗号資産と通貨の交換サービス、暗号資産間の交換サービス、暗号資産譲渡サービス、暗号資産の保管・管理サービス、暗号資産ポートフォリオに関するサービス、トークンの提供および取引に関するサービス」と記載されている。

これらの活動を行う企業は、VARAの認可を得る必要があり、またドバイ内に拠点を置く必要があるとのことだ。

ドバイ首長国のムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム(Mohammed bin Rashid Al Maktoum)首長は以下のようにコメントしている。

「ドバイは、組織、ガバナンス、セキュリティの面で、最も先進的な仮想資産のエコシステムを提供します。仮想資産法を承認し、ドバイ仮想資産規制機関を設立することは、この分野におけるUAEの地位を確立する重要なステップであり、この分野の成長を助け、投資家を保護することを目的としています」

アラブ首長国連邦の金融規制当局は昨年9月にドバイ世界貿易センター局における暗号資産に関する金融活動について支援を行うことを発表している。また、昨年12月にはバイナンス(Binance)がドバイ世界貿易センター局と提携して暗号資産に関する規制構築の支援を行うことを発表している。

参考:ドバイ政府
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Kesu01・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察