クリプトドットコム、キプロスで暗号資産ライセンス取得

Crypto.comがキプロスでライセンス取得

暗号資産(仮想通貨)取引所クリプトドットコム(Crypto.com)が、キプロス共和国で暗号資産サービスプロバイダー(VASP:Virtual Asset Service Provider)として承認されたことが7月22日分かった。

発表によるとクリプトドットコムは、キプロス証券取引委員会CySEC(Cyprus Securities and Exchange Commission)からVASPの認可を取得したことにより、同国で一連の暗号資産サービスを提供できるとのこと。

クリプトドットコム共同創設者兼CEOクリスマルサレック(KrisMarszalek)氏は、キプロスでのVASP承認について「ヨーロッパはクリプトドットコムの優先地域」とコメントしている。

クリプトドットコムは今月19日にイタリアでVASPとして承認されたことを発表している。また今年に入りギリシャやシンガポール、ドバイでもVASPとして承認されている。

関連ニュース

クリプトドットコム、イタリアで暗号資産ライセンス取得

クリプトドットコム、ドバイで仮承認ライセンス取得

米コインベース、イタリアで暗号資産ライセンス取得

バイナンスがイタリアで認可、欧州2例目

クリプトドットコムのCronos(CRO)、130億円規模アクセラレータプログラム立ち上げ


参考:Crypto.com
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ivan-Burchak

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事