アニモカやダッパーら、web3メタバースのコンソーシアムDAO「OMA3」に参加

アニモカやダッパーら「OMA3」に参加

アニモカブランズ(Animoca Brands)やダッパーラボ(Dapper Labs)などメタバースプロジェクトを運営する企業や財団ら8社が、web3メタバースの為のコンソーシアムDAO「Open Metaverse Alliance for web3(OMA3)」に参加したことが7月22日分かった。エイリアンワールド(Alien Worlds)やスペース(SPACE)、スーパーワールド(Superworld)、ザ・サンドボックス(The Sandbox)、アップランド(Upland)、クリプトボクセル(Cryptovoxels)といったメタバースプロジェクトも今回「OMA3」に参加している。

「OMA3」は、同コンソーシアムに参加するメタバースプロジェクトのプラットフォーム間で仮想の土地やデジタルアセット、サービスなどの相互運用を可能にするオープンなインフラ構築を目指すDAOだ。

「OMA3」に参加する各メタバースプロジェクトの許可を必要とせずに、それぞれのプラットフォームのユーザーは「OMA3」を通して、各プラットフォーム間で自由にデジタルアセットを転送できるとのことだ。

現在「OMA3」には今回参加発表したアニモカブランズら8社の他に、ディセントラランド(Decentraland)、スターアトラス(Star Atlas)、メタメタバース(Meta Metaverse)、スプリンターランズ(Splinterlands)、ウィビリティー(Wivity)が参加している。合計13社が「OMA3」に参加しているが、その他全てのブロックチェーンベースのメタバースプロジェクトにも参加募集をしているとのことだ。

関連ニュース

マインクラフト、NFTの導入を認めない方針へ

『キャプテン翼』がメタバース進出、「The Sandbox」と提携

アニモカブランズ約100億円調達、評価額約8000億円に

日本で「CryptoKitties」の商標出願、ダッパーラボ

「Flow」のダッパーラボが約945億円規模ファンド設立へ、a16zやCoatueら出資


参考:OMA3
デザイン:一本寿和
images:iStocks/pp76

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている