アニモカブランズ約100億円調達、評価額約8000億円に

アニモカブランズが約100億円を調達

ブロックチェーンゲーム開発やNFT分野への投資を行うアニモカ・ブランズ(Animoca Brands)が、7,532万ドル(約102.5億円)の資金調達を完了したことが7月12日に分かった。これにより同社の評価額は59億ドル(約8,029億円)となったとのこと。

また今回の資金調達は、今年1月18日に行われたラウンドに続くものだという。前回は約3.59億ドル(約410億円)を調達し、評価額は50億ドル(約5,720億円)だった。

発表によると今回の資金調達ラウンドに参加した投資家は、リバティ・シティ・ベンチャーズ(Liberty City Ventures)、キングスウェイ・キャピタル(Kingsway Capital)、アルファウェーブ・ベンチャーズ(Alpha Wave Ventures)、10T・ホールディングス(10T Holdings)、SGスプリング・リミテッド・パートナーシップ・ファンド(SG Spring Limited Partnership Fund)、ジェネレーション・ハイウェイ(Generation Highway Ltd)、コズミック・サミット・インベストメンツ・リミテッド(Cosmic Summit Investments Limited)となっている。

なお調達した資金は、戦略的買収、投資、製品開発、人気の高いIP(知的財産)の取得、オンラインユーザーのデジタル財産権促進への取り組みやオープンメタバースの推進に利用していくとのことだ。

アニモカ・ブランズは、ブロックチェーンとNFTを利用して、主にゲームのプレイヤーやメタバースのオンラインユーザーにコンテンツを提供する企業だ。オープンシー(OpenSea)やダッパー・ラボ(Dapper Labs)、イールド・ギルド・ゲームス(Yield Guild Games)、スター・アトラス(Star Atlas)、アクシー・インフィニティ(Axie Infinity)など、世界で注目されているNFT及びメタバース関連企業150社以上に対して積極的に投資も行っている。

なおアニモカは、日本国内に戦略的子会社「Animoca Brands株式会社(Animoca Brands Japan)」を設立している。同社においては、今年1月にシードラウンドでMCPアセット・マネジメントが組成した「IPX1号ファンド」より500万ドル(当時のレートで約5.8億円)を調達。そしてアニモカブランズから500万ドルの調達し、合計1,000万ドル(当時のレートで約11.5億円)の資金調達を完了している。

なお「IPX1号ファンド」には、講談社、西日本鉄道、三井住友信託銀行などが参画しているとのことだ。 

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

アニモカブランズが約410億円調達、評価額は約5,720億円に

アニモカブランズが日本進出、新子会社がシードラウンドで11億円調達

アニモカブランズジャパン、『バブル』『ヴァンパイア・イン・ザ・ガーデン』『GREAT PRETENDER』をNFT化し世界展開へ

アニモカブランズと韓国芸プロCUBE、合弁会社「AniCube」設立

マンガで解説「NFTとは何?」〜ザ・テクノロジー 2030 より

参考:アニモカブランズ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artacet・ChrisGorgio・LongQuattro

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored