ソフトバンクやNAVERら、LINE NEXTのグローバルNFT事業へ約13.6億円投資

LINE NEXTがグループ10社より資金調達

LINE NEXT(ラインネクスト)が、パートナー企業10社と総額約1,000万米ドル(約13.6億円)の戦略的投資協定契約を締結したことが7月13日分かった。同10社はソフトバンク、NAVER、NAVER WEBTOON、NAVER Z、LINE Games、CJ ENM、YG PLUS、SHINSEGAE、Hashed、K Auctionとのこと。

LINE NEXTはグローバルNFTプラットフォーム事業を運営するLINEのグループ会社だ。年内にLINEのグローバルNFTプラットフォームとなる「DOSI(ドシ)」のローンチを予定している。なお日本ではLINE Xenesis(ラインジェネシス:旧LVC)が国内向けのNFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」およびデジタルアセット管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet」が提供されている。そのため日本は「DOSI」の提供が対象外となっているようだ。

発表によると今回の契約締結により、同10社は「DOSI」のローンチに向けて協力するという。またエンターテインメントIPに基づくNFTプロジェクトの開発およびビジネス支援を行うとしている。

LINE NEXTのコンテンツの多様化を図るための具体施策の一例として、NAVERのエンターテインメント映像サービス「NOW.」やCJ ENMのインフルエンサービジネスグループ「DIA TV」、韓国のダンスサバイバル番組「Street Man Fighter」などにおいて、エンターテインメントIPを活用した独自のNFTプロジェクト展開をすることが発表されている。

また、このNFTプロジェクトにより発行されたNFTは、「DOSI」の各ブランドストアで取引できるようになるとのこと。さらにNAVERログインとDOSI Walletを連携させ、NFT購入の決済手段の一つとしてNaver Payを提供する予定であることも明かされている。

関連ニュース

LINE BITMAXで「暗号資産信用取引サービス」開始

LINE証券がSTOサービス提供へ、クオーラム基盤「ibet for Fin」で

LINE NEXT、NFTプラットフォーム「DOSI」専用ウォレット提供開始

NFTマーケットプレイス「LINE NFT」が提供開始

ラインのグローバルNFT事業「LINE NEXT」がパートナー企業発表。Crypto. comやHashed、ミシカル・ゲームズなど

参考:LINE

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/28話題】INTMAXが「Plasma Next」メイネットαをローンチ、周南公立大がDiamond HandsとWeb5でデジタル学生証など

INTMAX、「Plasma Next」メイネットαをローンチ。Plasmaの完成により拡張性向上、周南公立大学、Web5採用でDID利用のデジタル学生証の実証へ。Diamond Handsと提携で、イーサリアム大型アップグレード「Dencun」、メインネット実装日が3月13日に正式決定、ユニスワップ(UNI)に新機能が追加、暗号資産取引がよりシームレスに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、2日連続で13億ドル超えの取引高を記録、英ロイズ銀行、ブロックチェーン活用の電子船荷証券(eBL)ネットワークに参加、国内初、ビットポイントに「オシトークン(OSHI)」上場、Binance Japanにラップドビットコイン(WBTC)・ファイルコイン(FIL)・スイ(SUI)上場へ、取扱い50銘柄に、ビットフライヤーにドージコイン(DOGE)上場へ、2月で取扱い10銘柄目、SBI、日本酒「作(ZAKU)」にブロックチェーン導入で不正流通を防ぐ。開封後に「ラベルNFTバッジ」受取も、ファントムが「Wallet Watcher」提供開始、任意のウォレットを監視可能に、アバランチ(AVAX)がネットワーク障害でブロック確定が約6時間停止、現在は解決済み