クリプトドットコム、イタリアで暗号資産ライセンス取得

Crypto.comがイタリアでライセンス取得

暗号資産(仮想通貨)取引所クリプトドットコム(Crypto.com)が、イタリアで暗号資産サービスプロバイダー(VASP:Virtual Asset Service Provider)として承認されたことが7月19日分かった。

クリプトドットコムは、イタリアの暗号資産事業に関する法律「Organismo Agenti e Mediatori(OAM)」の登録完了により、OAMの規制下のもと、一連の暗号資産サービスを提供できるとのこと。

今回クリプトドットコムが登録したOAMは、米ナスダック上場の大手暗号資産取引所コインベース(Coinbase)が今月18日に登録完了したことを発表している。また暗号資産取引所バイナンス(Binance)も登録完了したことを5月に発表している。

今年に入りクリプトドットコムはイタリアの他にも、ギリシャやシンガポール、ドバイで暗号資産取引所の運営ライセンスを取得している。

関連ニュース

クリプトドットコム、ドバイで仮承認ライセンス取得

米コインベース、イタリアで暗号資産ライセンス取得

バイナンスがイタリアで認可、欧州2例目

クリプトドットコムのCronos(CRO)、130億円規模アクセラレータプログラム立ち上げ

Crypto. comがMITメディアラボに4年間の助成金、ビットコインのセキュリティ研究支援などに

参考:Crypto.com
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Abscent84・NatanaelGinting

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察