英バークレイズ、暗号資産カストディCooperに出資か

英バークレイズがCooperに出資か

英バークレイズ銀行が、暗号資産カストディ企業コッパー(Cooper)へ出資する予定であると7月24日スカイニュース(Sky News)が報じた。

報道によれば、バークレイズは数百万ドル投資する予定だという。なおコッパーへの出資に関しては、数日以内に詳細が確定するという。

コッパーは昨年より数億ドル規模の資金調達を計画し動いている。なお今年3月にクーパーは米大手金融機関ステートストリート(State Street)と契約を締結した。その契約の目的は、ステートストリートの子会社であるステートストリートデジタルが、クーパーの技術を活用して機関投資家向けのデジタル資産カストディサービスを開発するためとのこと。

ただ両社は英国規制当局との承認プロセスの段階にあり、まだサービス開始には至っていないようだ。

なおバークレイズは今年5月に、機関投資家向けに暗号資産取引サービスを提供するエルウッドテクノロジーズ(Elwood Technologies)へ出資をしている。


参考:Sky News
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Christopher-Payne

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も