マイクロストラテジー、約9億円分のビットコイン追加購入。合計保有数13万BTCに

マイクロストラテジーが約9億円分のBTC追加購入

企業としてビットコインの購入を積極的に進めている米ナスダック上場企業マイクロストラテジー(MicroStrategy)が、約9億円(1,000万ドル)相当のビットコイン(BTC)を追加購入したことを9月21日発表した。

発表によると今回新たに購入したビットコインは301BTCで、1BTCあたりの平均取得価格は約285万円(19,851ドル)とのことだ。

今回の追加購入により、マイクロストラテジーが保有するビットコインは合計で130,000BTCとなった。またこれらの合計購入価格は約5,720億円(39.8億ドル)で、平均取得額については手数料・経費を含め、約440万円(30,639ドル)になるとのことだ。

なお同社がビットコインの追加購入を最後に報告したのは今年の6月。その際には1,000万ドル相当になる480BTCを、1BTCあたりの平均取得価格20,817ドルで購入していた。

マイクロストラテジーは米国上場企業としてはいち早くビットコインの購入を進めた企業だ。同社は今月、ビットコイン購入を目的に5億ドル相当の株式売却を行っていた。また同様の目的で昨年6月にも10億ドル相当の株式売却、4億ドル分の2028年満期の有担保シニア債券を私募発行している。

関連ニュース

マイクロストラテジー、ビットコイン購入目的で最大716億円の株式売却へ

脱税容疑でマイケルセイラーとマイクロストラテジーを訴訟、米司法長官事務所

マイクロストラテジーがビットコイン担保に約250億円調達、シルバーゲート銀行ローン利用で

マイクロストラテジー、BTC追加購入を目的に10億ドルの株式発行へ

マイクロストラテジー、ビットコイン購入を目的に4億ドル分の私募債を発行

参考:マイクロストラテジー
デザイン:一本寿和
images:iStocks/atdigit

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ7億円相当のビットコイン投資

暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)を運営するウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が、英国サッカークラブ「リアルベッドフォードフットボールクラブ(RBFC)」へ約7億円相当のビットコイン(BTC)投資を行った。同クラブ所有者でビットコインポッドキャスターのピーター・マコーマック(Peter McCormack)氏が4月13日発表した

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ