OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示

OpenSeaがOpenRarity実装でNFTのレアリティ表示

大手NFTマーケットプレイス「オープンシー(OpenSea)」が、NFTのレアリティを計算するプロダクト「オープンレアリティ(OpenRarity)」実装を9月22日発表した。

この機能実装によりオープンシーが販売するコレクションのNFTにレアリティ(希少性)が表示されるようになった。ユーザーは外部のNFT希少性追跡ツールを使用する必要がなくなるとのこと。

現在レアリティ表示が反映されているNFTコレクションは、クールキャッツ(CoolCats)、パジーペンギンズ(PudgyPenguins)、ムーンバード(MoonBirds)だ。

なおレアリティの表示は各NFTコレクションの発行総数内での順位が数字として表される。例えばムーンバードの「#5690」であれば、同コレクションの発行総数が10,000体なので「#5690 Rank:7,958/10,000」といった表示がされている。

また「オープンレアリティ」を「オープンシー」内のNFTコレクションに反映させるには、各コレクションのクリエイターが自ら対応する必要があるとのことだ。

オープンレアリティ(OpenRarity)とは

オープンレアリティは、レアリティランキングの透明性向上を目的に数学的に正しいレアリティの計算を提供するプロジェクト。各マーケットプレイスやNFTツールが提供するNFTのレアリティランキング間でランキングの乖離が生じていることを受け立ち上げられた。

オープンレアリティによると各マーケットプレイス間でNFTのレアリティランキングの乖離が生じている原因は、レアリティプロバイダーによってオフチェーンで作成された「メタ特性」に基づいて、レアリティランキングが構成されているからだという。またそれらランキングはクローズドのソースコードで作成されているとのこと。

その為オープンレアリティでは、オンチェーンのメタデータに存在する特性のみでレアリティ計算を行い、全プラットフォームで統一された透明性のある一貫したレアリティランキングの提供を目指しているとのことだ。

なおオープンレアリティはオープンシーの他、NFT分析ツール提供のキュリオ(Curio)、icyツールズ(icy.tools)、プルーフ(PROOF)が共同開発したオープンソースのプロジェクト。今月15日にローンチが発表されていた。

関連ニュース

OpenSea、イーサリアムL2「Arbitrum」基盤のNFT取扱へ

OpenSea、イーサリアム「マージ」後はPoWチェーン非対応を表明

OpenSeaの新プロトコル「Seaport」がポリゴン(MATIC)のサポート開始

NFTプロジェクトDoodles、チーム拡充に向け約78億円調達

【取材】NFTマーケットプレイス「tofuNFT」、X2Y2と戦略的提携

参考:OpenSea
デザイン:一本寿和
images:iStocks/royyimzy・artJazz

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【2/3話題】マスターカードの元NFT責任者が辞表NFT販売、Optimism初アップグレードが3月提案など(音声ニュース)

マスターカードの元NFT責任者、辞表のNFT販売で支援募る、【取材】NFT・ブロックチェーン活用の教育採用サービス「ONGAESHI」発表=コクヨ、SMTB、慶應FinTEKセンター、TUSIM、IGSら運営、コインベース、トークンを違法に販売したとする訴訟の棄却に勝利、tofuNFTとZife INOが業務提携、二次流通支援へ、米クラーケン、開設1年足らずでアブダビオフィス閉鎖、担当者レイオフも=報道、イーサL2「Optimism(OP)」、初のアップグレード「Bedrock」が3月実施で提案、日本ガイシとリコーの合弁会社が事業開始、ブロックチェーン活用の電力デジタルサービス事業化へ、読売ジャイアンツ、春季キャンプで「ジャビット」NFT無料配布、スタートバーン「FUN FAN NFT」で

Sponsored

【2/2話題】イーサのパブリックテストネットZhejiang公開、分散型データストレージシステムBNB Greenfieldなど(音声ニュース)

イーサリアム、ステーク出金機能対応のパブリックテストネット「Zhejiang」公開、BNBチェーン、分散型データストレージシステム「BNB Greenfield」発表、コンセンシス、無料web3学習プラットフォーム「MetaMask Learn」提供開始、c0ban取引所が業務再開、エクシアから独立しCoin Masterとして、欧州投資銀行、ポンド建てデジタル債券発行へ、暗号資産ハッキング被害、昨年が過去最高の38億ドル、北朝鮮グループが主導か、分散型取引所Dexalot、アバランチ(AVAX)サブネットでローンチ、SUSHI TOPと「tofuNFT」のCOINJINJAが業務提携、LINE NFT、物件仲介手数料が0.5ヶ月分になるNFT「サクラノスマイ」発売へ、クロスチェーン通信プロトコル「レイヤーゼロ」、重大な脆弱性の指摘を否定、フットサルチーム「ポルセイド浜田」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored