OpenSea、イーサリアムL2「Arbitrum」基盤のNFT取扱へ

OpenSea、Arbitrum One上のNFTを取扱へ

大手NFTマーケットプレイス「オープンシー(OpenSea)」が、イーサリアムのレイヤー2スケーリングソリューション「アービトラム(Arbitrum)」に対応することを9月21日に発表した。

これによりユーザーは、アービトラムのメインネットの一つである「Arbitrum One(アービトラムワン)」上でミント(発行/鋳造)されたNFTをオープンシーで直接売買が可能になるとのこと。なお対応は22日からとなる。

オープンシーでサポートするNFTには、Smolverse(スモルバース)やGMX Blueberry Club(GMXブルーベリークラブ)、Diamond Pepes(ダイヤモンドペペス)などといったコレクションが予定されているとのことだ。

またアービトラムワン上でNFTを発行しているクリエイターはオープンシーでNFTを販売する為に、22日より販売手数料をオープンシー内で直接設定する必要があるとのことだ。

なおアービトラムの対応によりオープンシーに対応するブロックチェーンは、イーサリアム(Ethereum)、ポリゴン(Polygon)、クレイトン(Klatyn)、ソラナ(Solana)に続き5つ目となる。

関連ニュース

OpenSea、イーサリアム「マージ」後はPoWチェーン非対応を表明

OpenSeaの新プロトコル「Seaport」がポリゴン(MATIC)のサポート開始

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に

イーサリアムL2「Arbitrum」、アップグレード「Nitro」をテストネット実装

ユニスワップ、イーサリアムL2ソリューション「Arbitrum」を採用か

参考:OpenSeaArbitrum
デザイン:一本寿和
images:iStocks/metamorworks

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている