Solana(SOL)インフラ開発のCoral、FTXやJumpなどから約28億円調達、独自ウォレット展開へ

Solanaインフラ開発のCoral、約28億円調達

暗号資産(仮想通貨)インフラ開発のコーラル(Coral)が、FTXベンチャーズ(FTX Ventures)とジャンプクリプト(Jump Crypto)の主導で2000万ドル(約28億円)の戦略的資金調達ラウンドを実施した。メディア「The Block」が9月28日に報じた。

コーラルは、ブロックチェーンのソラナ(Solana)開発フレームワーク「アンカー(Anchor)」を開発したことで知られている。この度、暗号資産ウォレットを開発するとのことで、一般消費向けにサービスを展開していくこととなる。

ちなみにこのラウンドは5月に実施済みであり、そのほかの参加投資家は、マルチコインキャピタル(Multicoin Capital)、アナグラム(Anagram)、K5グローバル(K5 Global)などだという。

なお調達資金は、採用活動と暗号資産ウォレット「バックパック(Backpack)」を開発するために活用するという。「バックパック」の特徴は、開発者フレームワーク「xNFT」取り入れることにあるとのことだ。「xNFT」とはユーザーがすべての資産と分散型アプリケーションに一箇所でアクセスできるようにするための開発者フレームワークだという。

創設者のアルマーニ・フェランテ(Armani Ferrante)氏は「私たちは、ソラナのエコシステムのユーザーがプロトコルやスマートコントラクトと対話する方法の機能改善を開始することにワクワクしています。xNFTは、暗号資産取引の体験をよりスムーズにし、より少ないステップを必要とし、多くのプロジェクトのコミュニティのために、よりカスタマイズされた経験を作成する力を与えます」とリリースで伝えているようだ。

ちなみに「xNFT」のプライベートベータ版は、NFTマーケットプレイスのマジックエデン(Magic Eden)やブロックチェーンゲームプロジェクトのディファイランド(DefiLand)とオウロリー(Aurory)、トレーディングアプリのマンゴマーケット(Mango Markets)が利用する予定となっているとのことだ。

参考:The Block
デザイン:一本寿和
images:iStocks/ChrisGorgio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ