FTXグローバル、「Wrapped Axelar(WAXL)」取り扱いへ

FTXグローバルがWAXL取り扱い

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所FTXグローバルが、新たに暗号資産ラップドアクセラ―:Wrapped Axelar(WAXL)を取り扱うことを9月28日発表した。

WAXLは現物取引で取り扱われるとのことで、取引ペアについてはWAXL / USDとなっている。

取引開始については日本時間9月29日の23時(UTC:同日14:00)に開始される予定であり、入出金については既に開始されている。

ラップドアクセラ―:Wrapped Axelar(WAXL)とは

WAXLは、コスモスSDK(CosmosSDK)で開発されたクロスチェーン・コミュニケーションに特化したブロックチェーン、アクセラ―(Axelar)のネイティブトークンであるAXLをイーサリアム上で扱えるようにERC-20というトークン規格で構築したもの。

WAXLは現在、暗号資産取引所であるフォビグローバル(Huobi Global)やゲートアイオー(Gato.io)、エムイーエックスシー(MEXC)などの暗号資産取引所で取り扱われている(9/29 コインマーケットキャップ調べ)。  

関連ニュース

FTXグローバル、DeFiの「Euler Finance(EUL)」取り扱いへ

FTXグローバル、ソラナの「Metaplex(MPLX)」を取り扱い開始

FTXグローバル、「Ravencoin(RVN)」と「Flux(FLUX)」を無期限先物で取り扱いへ

Sui開発のミステンラボがFTXらから約430億円調達、a16zや電通ベンチャーズも参加

FTX JPで「アバランチ(AVAX)」上場、国内2例目

参考:FTX
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している