クラーケングローバルにCoin98(C98)Galxe(GAL)、Rocket Pool (RPL)、Stargate Finance (STG)、Synapse (SYN)上場へ

クラーケングローバルにC98、GAL、RPL、STG、SYN上場へ

米サンフランシスコ拠点の大手暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)に、新たに暗号資産5銘柄が上場することが9月28日発表された。

今回上場するのは、コイン98:Coin98(C98)、ギャラクス:Galxe(GAL)、ロケットプール:Rocket Pool (RPL)、スターゲートファイナンス:Stargate Finance (STG)、シナプス:Synapse (SYN)の5銘柄だ。

これら暗号資産の入金は既に開始されており、取引は9月29日14:30(UTC)より開始する予定だ。

対象となるサービスは、クラーケン(販売所)およびクラーケンプロ(取引所)。取引ペアについては、各銘柄全てに対しUSDとEURが対応している。

なお日本の居住者に対しては取引の対象外となっている。

各暗号資産について

コイン98は、投資部門Coin98ベンチャーズ、DeFiプロダクト開発部門Coin98ラボ、調査部門コイン98ネットワークの3つで構成されたオールインワンDeFiプラットフォーム。なおC98はユーティリティトークン及びガバナンストークンとして利用される。

C98は現在、バイナンス(Binance)やFTX、クーコイン(KuCoin)、ゲート(Gate.io)、バイビット(Bybit)、ポロニエックス(Poloniex)、MEXCなどの暗号資産取引所の他、パンケーキスワップV2(PancakeSwap V2)やスシスワップ(Sushiswap)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。現在の時価総額は約109億円となっている(9/29 コインマーケットキャップ調べ)。

GALは、web3クレデンシャルデータネットワーク、「プロジェクト・ギャラクシー(Project Galaxy)」の後身「ギャラクス」のガバナンストークン。開発者やプロジェクトが、NFT及びデジタルクレデンシャルデータを活用して、web3におけるより良い製品やコミュニティを構築できるよう支援している。

GALは現在、バイナンス(Binance)やFTX、フォビグローバル(Huobi Global)、クーコイン(KuCoin)、ゲート(Gate.io)、エムイーエックスシー(MEXC)などの暗号資産取引所の他、パンケーキスワップ V2(PancakeSwap V2)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。現在の時価総額は約132億円となっている(9/29 コインマーケットキャップ調べ)。

RPLはイーサリアムの分散型ステーキングサービス「ロケットプール」のガバナンストークン。「ロケットプール」では、ステーカーは標準の32 ETHではなく16 ETHでノードを作成できる。

RPLは現在、暗号資産取引所のエムイーエックスシー(MEXC)の他、分散型取引所(DEX)のユニスワップV3(Uniswap V3)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。現在の時価総額は約372億円となっている(9/29 コインマーケットキャップ調べ)。

STGは、複数のブロックチェーン間で資金の移動を可能にするクロスチェーンブリッジのDeFi(分散型金融)プロジェクト「スターゲートファイナンス(Stargate Finance)」のネイティブおよびガバナンストークン。

STGは現在、暗号資産取引所であるバイナンス(Binance)やコインベース(Coinbase)、エムイーエックスシー(MEXC)、ゲート(Gate.io)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV3(Uniswap V3)やパンケーキスワップ V2(PancakeSwap V2)、スシスワップ(Sushiswap)などの分散型取引所(DEX)など多くの取引所で取り扱われている。現在のSTGの時価総額は約101億円となっている(9/29コインマーケットキャップ調べ)。

SYNはレイヤー1、サイドチェーン、およびレイヤー2エコシステム間のトランザクションを可能にするクロスチェーン分散型取引所(DEX)「シナプス」のガバナンストークン。流動性プロバイダーへのインセンティブとしても使用される。

SYNは現在、暗号資産取引所であるコインベース(Coinbase)やエムイーエックスシー(MEXC)、ゲート(Gate.io)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV3(Uniswap V3)やパンケーキスワップ V2(PancakeSwap V2)、スシスワップ(Sushiswap)などの分散型取引所(DEX)など多くの取引所で取り扱われている。現在のSTGの時価総額は約275億円となっている(9/29コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

クラーケングローバル、ポルカドットとクサマのDeFi「Parallel Finance (PARA)」上場

クラーケングローバル、ボバネットワーク(BOBA)やCeler Network(CELR)、Polkastarter(POLS)など9銘柄の暗号資産上場へ

クラーケングローバル、Kusamaパラチェーン「Basilisk(BSX)」上場

参考:クラーケン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【1/27話題】TanéがDeNAらから約10億円調達、Amazonが4月にデジタル資産事業立ち上げかなど(音声ニュース)

Tanéがweb3インキュベーター事業開始、DeNAやB Dashらから約10億円の資金調達も、Amazonが4月にデジタル資産事業を立ち上げか、BCゲームやNFT検討=報道、FTXが米国司法省の調査に異議。債権者は日本および米国規制当局なども、米国民主党議員ら、PCAOBへ暗号資産監査会社の監視強化を要求。FTX破綻受け、Sui(SUI)基盤のウォレット「Ethos Wallet」がシードラウンドで約5.4億円調達、gumi Cryptosら出資、SBI VCトレード、自動円転機能搭載「SBI Web3ウォレット」提供開始、Doodles2が「Flow」でローンチへ、ウェアラブルNFTでカスタマイズ可能に、大阪府太子町が「あるやうむ」と連携協定、NFTで地方創生促進へ、オランダ中銀、コインベースに約4.6億円の罰金支払命令、金融格付け機関ムーディーズ、ステーブルコインのスコアリングシステム開発中か=報道、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」、イーサ上にv3立ち上げへ、アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

Sponsored

アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

綿花のサプライチェーン透明性に取り組むUSコットン・トラスト・プロトコル(U.S. Cotton Trust Protocol 以下、トラストプロトコル)のネットワークメンバーに、米アパレル企業のアメリカン・イーグル・アウトフィッターズ(American Eagle Outfitters以下、AEO)が新たに加入したことが1月26日発表された