FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ

FTXグローバルがSYN取り扱いへ

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所FTXグローバルが、新たに暗号資産シナプス:Synapse(SYN)を取り扱うことを9月29日発表した。

SYNは現物取引で取り扱われるとのことで、取引ペアについてはSYN/USDとなっている。

取引開始については日本時間9月30日の23時(UTC:同日14:00)に開始される予定であり、入出金については既に開始されている。

シナプス:Synapse(SYN)とは

SYNはレイヤー1、サイドチェーン、およびレイヤー2エコシステム間のトランザクションを可能にするクロスチェーン分散型取引所(DEX)「シナプス」のガバナンストークン。流動性プロバイダーへのインセンティブとしてや、イーサリアムベースのオプティミスティックロールアップであるシナプスチェーンのガス料金としても使用される。

SYNは現在、暗号資産取引所であるコインベース(Coinbase)やエムイーエックスシー(MEXC)、ゲート(Gate.io)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV3(Uniswap V3)やパンケーキスワップ V2(PancakeSwap V2)、スシスワップ(Sushiswap)などの分散型取引所(DEX)など多くの取引所で取り扱われている。現在のSTGの時価総額は約280億円となっている(9/30コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

FTXグローバル、「Wrapped Axelar(WAXL)」取り扱いへ

FTXグローバル、DeFiの「Euler Finance(EUL)」取り扱いへ

FTXグローバル、ソラナの「Metaplex(MPLX)」を取り扱い開始

FTXグローバル、「Ravencoin(RVN)」と「Flux(FLUX)」を無期限先物で取り扱いへ

Sui開発のミステンラボがFTXらから約430億円調達、a16zや電通ベンチャーズも参加

参考:FTX
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。