バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得

バイナンスがニュージーランドで金融サービス提供のライセンス取得

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、ニュージーランドの政府機関である「企業・技術革新・雇用省(MBIE)」に金融サービスプロバイダーとして登録を受けたことを9月29日発表した。

これによりバイナンスは同国において、「バイナンス・ニュージーランド(Binance New Zealand)」を正式に開始するとしている。

バイナンスのサイトを確認すると、ニュージーランド居住者向けのローカルwebサイト(https://www.binance.com/en-NZ)が確認できる。

同サイトでは、暗号資産の現物取引の他、NFT、ステーキングなどといったサービスが提供されている。

バイナンスは昨年6月頃より、欧州やアジアなどの各国規制当局より警告を受け、現地の規制を遵守するとしてサービスを終了するなどの措置を行っていた。

その後バイナンスは今年に入り、バーレーンやタイ、ドバイ、プエルトリコ、フランス、イタリア、スペインなどの規制当局から暗号資産に関連したサービス提供のライセンス取得を進めている。

直近でも9月26日に、今年1月に提供を停止していた南アフリカでの先物取引を再開している。

なおバイナンスは、日本市場への参入に向けた検討を進めていることが26日に報じられている。

関連ニュース

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で

バイナンス、南アフリカで先物取引の提供再開

バイナンス、譲渡不可NFTで「Binance Account Boundトークン」ローンチ

バイナンス、機関投資家向けプラットフォーム「Binance institutional」ローンチ

米コインベース、バイナンスの「Binance USD(BUSD)」上場へ

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Abscent84・seungyeon-kim

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。