バイナンス、譲渡不可NFTで「Binance Account Boundトークン」ローンチ

バイナンスが「Binance Account Boundトークン」ローンチ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、KYC(本人確認)済みのユーザーのデジタル認証ツールとして利用できる「バイナンスアカウントバウンド(BAB)トークン(Binance Account Bound Token)」のローンチを9月8日発表した。

「BABトークン」はKYCを完了した全てのバイナンスユーザーが取得可能で、9月8日9:00(UTC)より各ユーザーがミント(発行/鋳造)可能になっている。

なお「BABトークン」は譲渡不可のNFTとされる「ソウルバウンドトークン(Soulbound Token:SBT)」となっており、バイナンスのBNBチェーンにおいて初のSBT活用の事例となる。

「BABトークン」の作成手順として、バイナンスアプリにログインし、ホームページの「More」をタップ。次に「Gift & Campaign」までスクロールし「BABT」を選択し、ウォレットを接続することでウォレット上に「BABトークン」をミントできるという(ガス代1BUSDが必要)。

「BABトークン」の注意点として、他ユーザーへ譲渡不可であることの他、KYC済みアカウント1つにつき、1つのトークンのみが作成できる。また「BAB」トークンは取り消しが可能となっており、削除後72時間以降に再度新しい「BABトークン」が作成できるようになっているという。

また「BABトークン」は、BNBチェーン上で稼働するプロジェクトのイニシアチブへ参加する為の身分証としての機能も持つとのことで、各イニシアチブへ参加したユーザーは報酬を得ることも可能だという。

現在のところ発表されている対象プロジェクトは、ApeSwap、PearDAO、Project Galaxy、X World Games、Cyberconnect、P12、Summoner’s Arena、Mathwallet、Liveart、OpenOcean、TinyWorld、The Harvest、Ultiverse、Appoloxの14プロジェクトとなっている。

関連ニュース

バイナンスUS、イーサ(ETH)ステーキングサービス提供開始

バイナンス、スケーリングソリューション「zkBNB」のテストネットリリース

バイナンスに流入するUSDCが増加する可能性も、サークルCEO

バイナンスが自社ステーブルコイン「BUSD」に注力か、USDCやUSDPなど取引非対応へ

米司法省のバイナンスへの調査実態、CZの関与記録提出も要請か

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LeoTroyanski

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催