バイナンス、譲渡不可NFTで「Binance Account Boundトークン」ローンチ

バイナンスが「Binance Account Boundトークン」ローンチ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、KYC(本人確認)済みのユーザーのデジタル認証ツールとして利用できる「バイナンスアカウントバウンド(BAB)トークン(Binance Account Bound Token)」のローンチを9月8日発表した。

「BABトークン」はKYCを完了した全てのバイナンスユーザーが取得可能で、9月8日9:00(UTC)より各ユーザーがミント(発行/鋳造)可能になっている。

なお「BABトークン」は譲渡不可のNFTとされる「ソウルバウンドトークン(Soulbound Token:SBT)」となっており、バイナンスのBNBチェーンにおいて初のSBT活用の事例となる。

「BABトークン」の作成手順として、バイナンスアプリにログインし、ホームページの「More」をタップ。次に「Gift & Campaign」までスクロールし「BABT」を選択し、ウォレットを接続することでウォレット上に「BABトークン」をミントできるという(ガス代1BUSDが必要)。

「BABトークン」の注意点として、他ユーザーへ譲渡不可であることの他、KYC済みアカウント1つにつき、1つのトークンのみが作成できる。また「BAB」トークンは取り消しが可能となっており、削除後72時間以降に再度新しい「BABトークン」が作成できるようになっているという。

また「BABトークン」は、BNBチェーン上で稼働するプロジェクトのイニシアチブへ参加する為の身分証としての機能も持つとのことで、各イニシアチブへ参加したユーザーは報酬を得ることも可能だという。

現在のところ発表されている対象プロジェクトは、ApeSwap、PearDAO、Project Galaxy、X World Games、Cyberconnect、P12、Summoner’s Arena、Mathwallet、Liveart、OpenOcean、TinyWorld、The Harvest、Ultiverse、Appoloxの14プロジェクトとなっている。

関連ニュース

バイナンスUS、イーサ(ETH)ステーキングサービス提供開始

バイナンス、スケーリングソリューション「zkBNB」のテストネットリリース

バイナンスに流入するUSDCが増加する可能性も、サークルCEO

バイナンスが自社ステーブルコイン「BUSD」に注力か、USDCやUSDPなど取引非対応へ

米司法省のバイナンスへの調査実態、CZの関与記録提出も要請か

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LeoTroyanski

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored